結局、一眼レフカメラにつける外部マイクは何がいいのか?

公開日: YouTubeテクニック, 撮影機材

Neewer SG-108 ステレオマイクロフォン ビデオカメラ/DV用 Canon EOS 1D Mark IV 5D Mark II III 7D 70D 60D Kiss X5 Kiss X6i Kiss X7i Kiss X4 Nikon D800 D800E D600 D7100 D5200 D7000 D300s D3s Pentax K-7 K-5対応

外部マイクを使う必要はあるのか?

一眼レフカメラはビデオカメラよりも綺麗な映像を取ることができる為、最近は一眼レフで動画を撮影する方もだいぶ増えてきました。そして、一眼レフカメラに外部マイクを付けて動画を撮影する方も多く見られるようになりました。果たして外部マイクはそもそも必要なのでしょうか?


内臓マイクは音が悪い

最近の一眼レフには必ずと言っていいほど動画撮影機能が付いていますが、音を録音する内臓マイクはほとんどおまけ程度の品質しかありません。比較的値段の高い中級機種でさえ、音がこもっていたり、低音域の音がなく乾いた音っだったり、「ザー」っというホワイトノイズがひどかったりします。

結局のところ、音は録音できますが全く良い音質ではないために多くの人は音もちゃんと撮ろうとして外部マイクを使用しているのです。

外部マイクを使ったほうがいい理由

音質がよくなる

外部マイクを使うことによって、内臓マイクの音よりは確実に音質が良くなります。単純に撮れる音の音量が増したり、音の臨場感をより感じられるようになるでしょう。

カメラのフォーカス音を軽減できる

TAMRON 高倍率ズームレンズ AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiII キヤノン用 APS-C専用 A14E
ほとんどフォーカス音の出ないレンズもありますが、静音設計になっていないレンズですとオートフォーカス時に「カシャカシャ」というフォーカス音を内臓マイクが直に拾ってしまします。外部マイクとカメラとの距離などにもよりますが、外部マイクを使用することでこのフォーカス音を軽減することができます。

風防(ウインドジャマー)を使うことが出来る

風を防げ ガンマイク 用 ウインドスクリーン & ウインドジャマー 125mm
風防とはマイクに風の音が入ってしまうのを防ぐもので、外部マイクを購入すると風防が付属品として付いてくることが多いです。風の強い日の屋外撮影では、風防のある場合とない場合とでは雲泥の差がありますので、屋外での撮影を考えている方には必須アイテムです。

ステレオでの収録ができる

最近の一眼レフカメラはステレオ録音できるものがほとんどですが、一世代前のものだと内臓マイクがモノラル録音だったりします。そういったカメラにはステレオ録音できる外部マイクを取りけることでより臨場感のある音を録ることができます。




定番・人気の外部マイク


オーディオテクニカ AT9941

多くのYouTuberがこの商品をレビューしていることもあって、YouTuberの中では定番の外部マイクとなっています。

カメラに取り付ける為のアダプターが付いていたり、ウインドジャマーも最初から付属しているため初めて外部マイクを初めて買う方でも簡単に臨場感のある音を撮ることができるかと思います。



オーディオテクニカ AT9945CM

上記のAT9941と同様に一眼レフカメラなどに付けて使用できる外部マイクです。AT9941よりも新しい機種ですが音質に大きな差はなく、カメラを触ったときに発生する雑音を軽減するショックマウントが付いたのが大きな違いです。

人気YouTuberの瀬戸弘司が分かりやすい比較動画をアップしていますので、気になる方は右の動画をチェックしてみてください。



RODE Video Mic GO

マイクメーカーとしては大変有名な「RODE」とう会社の製品で、他にも多くの外部マイクを出していますが、その中でも値段が安く、電源を必要とせず、デザインも良いので人気なのがこのRODE Video Mic GOです。

毛でできたフワフワの風防ではないですが、スポンジの風防が付いていますので、屋外の撮影でも問題ないでしょう。



ホワイトノイズ問題

上記で定番の外部マイクを3種類ほどご紹介しましたが、これらの外部マイクには1つ問題があります。

どうしてもホワイトノイズが入ってしまうのです。


これら外部マイクをレビューしているYouTube動画をチェックしてみると、どれも「サーーーー」というホワイトノイズが入っています。私自信、長い間AT9941を使用していましたが、ホワイトノイズがひどいので今はほとんど使用していません。また、ホワイトノイズの発生はマイク側ではなくカメラ側にも原因があるようで、完全にホワイトノイズをなくすことはできないようです。他の外部マイクも色々と調べましたが同じような価格帯で、プラグインパワー方式、一眼レフで使用できるものは皆ホワイトノイズが発生してしまうようでした。

ただ、このホワイトノイズについては、編集ソフトで軽減することもできますし、そもそも屋外撮影では一定レベルの雑音があるためにホワイトノイズはほとんど気になりません。人によって多少のノイズなんて気にならない方もいるかと思いますので、そういった方であれば上記3機種は大変オススメです。



ICレコーダーという選択肢

TASCAM DR-05 VERSION2 リニアPCM/ICレコーダー 24bit/96kHz対応 無指向性ステレオマイク搭載 ブラック
一眼レフの音を収録には上記で紹介した外部マイクではなく、ICレコーダーを連結させて音を収録する方法もあります。使用するカメラやICレコーダーの機種にもよりもすが、こちらのほうが圧倒的にホワイトノイズが押さえられた綺麗な音を収録することが可能です。

一眼レフとICレコーダーの接続

ほとんどのICレコーダーには音声出力する機能がついています。ICレコーダー付属のマイクで録った音を別の機種に出力するのです。方法は簡単で、レコーダーの[LINE OUT]端子と一眼レフのマイク端子をオス・オスのステレオミニプラグで接続するだけです。

録音レベルの調整

ICレコーダーをなんの調整もなしに使用すると普通にホワイトノイズが入る場合があります。そもそもICレコーダーの利点というのは録音レベルやライン出力レベルなどの調整を行なえる点にあります。ICレコーダーで最適な録音レベルに設定し、さらに一眼レフカメラ側の録音レベルも調整することによってホワイトノイズを限界まで軽減するのです。

以下は人気YouTuberであるアンソニーさんにりるICレコーダーをカメラの外部マイクとして使用した際の紹介動画です。ホワイトノイズが大きく解消されてるのも大変分かり易くなっていますのでぜひチェックしてみてください。


最適な録音レベルは?

ICレコーダーを外部マイクとして使用する場合、どのような設定にすればホワイトノイズを抑えた音を撮れるのでしょうか?

上記の動画でもそうでしたが、カメラ側の録音レベルの下げ、ICレコーダー側の録音レベルを上げる事によりホワイトノイズを押さえられるようです。私が使用しているICレコーダーと一眼レフの場合、ICレコーダーの録音レベルをほぼMAXにし、一眼レフ側の録音レベルを限界まで下げたときに一番ホワイトノイズが軽減されました。

また、この設定方法で録音するには一眼レフ側の録音レベルを調整できるということが条件です。比較的安い一眼レフだったりすると、録音レベルの調整ができませんので注意しましょう。





オススメのICレコーダー

TASCAM DR-05 VERSION2

ICレコーダーといえばDR-05と言われるほどに定番の機種です。性能が良いわりには、値段がそこまで高くないので大変コストパフォーマンスに優れた商品です。



TASCAM DR-40 VERSION2

TASCAM DR-05の上位機種で本体下部にXLR端子が2つついているのが特徴です。XRL端子付きのガンマイクや業務用コンデンサマイクなどを連結して使用する場合にはこちらがオススメです。



Zoom Handy Recorder H5

TASCAM DR-40と同じようにXLR端子が2つ商品です。こちらはDR-40とは違い、[LINE OUT]端子とは別にヘッドフォンを指す用の[PHONE]端子が付いています。ですので、[LINE OUT]端子は一眼レフとの接続に使用し、さらにヘッドフォンをつなげて音の確認を行いながら収録をすることが可能です。




追記:ついにホワイトノイズ問題解決か?

人気YouTuberの瀬戸弘司さんは色々な外部マイクのレビューを行ってくれているのですが、ついにホワイトノイズのないマイクを見つけたようです。詳細は以下の動画で。


ゼンハイザーのMKE600というガンマイクなのですが、確かにホワイトノイズは全く聞こえません。また、指向性の高いガンマイクの特性のおかげで、レンズのフォーカス音も限りなく軽減されています。

瀬戸さんの言うとおり、これは一眼マイクに最適なマイクかもしれません。

本体がやや大きかったり、値段がやや高価だという点はありますが、かなり使えそうです。



あわせて読みたい

このサイトではワイヤレスマイクの記事も書いています。





はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

無料で使えるフリーの音楽素材サイト一覧【YouTube利用OK!】

YouTubeで動画を作成するときに欠かせないのがBGM。今回はそんなBGMを無料で公開しているサイ

記事を読む

飲食店で動画撮影するときの注意点と許可取りについて

最近は飲食店の中で食レポ風の動画を撮影してYouTubeに動画を投稿している方も増えてきました。

記事を読む

動画編集用パソコンの選び方をまとめてみる

動画編集選びのポイント 動画編集に最適なパソコンを選ぶとき、どんな事に気をつければよいのでしょうか

記事を読む

YouTuberは顔出ししないとダメなのか?

これからYouTuberになろうと思っている方もいるかと思いますが、まず「顔出し」をしようかどうかで

記事を読む

【撮影テクニック】動画を明るく撮影しよう

YouTubeに投稿された動画を見ていると、全体的に暗く、ホームビデオ感丸出しの動画をよく見かけます

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照

YouTuberなら知っておくべき動画編集のコツとテクニック集

YouTuberに絶対的に必要なのが動画の編集スキル。 動画編集

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

飲食店で動画撮影するときの注意点と許可取りについて

最近は飲食店の中で食レポ風の動画を撮影してYouTubeに動画を投稿し

4K動画編集もサクサクできる自作PCを作ってみた

ずっと動画編集に使ってきた家のパソコンがあるのですが、最近はフリーズし

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Creator Channel Vol.6 (COSMIC MOOK)

    Star Creators!~YouTuberの本~ June 2017 (エンターブレインムック)

    はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)
PAGE TOP ↑