YouTubeで収益化を無効にされる原因とは【収益化アイコンが黄色になる場合】

YouTubeで稼ぐ

YouTubeで収益化を無効にされる原因とは

収益化できているチャンネルでも安心はできない

現在、YouTubeで収入を得るには「チャンネル登録者数1000人」と「チャンネルの総再生時間4000時間」という条件をクリアし、さらにYouTubeによる収益化の審査に合格してようやく収入が得られるようになります。

そんな厳しい条件をクリアし、収益化できるようになっても、すべての動画が収益化対象になるわけではありません。アップロードする動画にも一つ一つ審査が入り、動画によっては収益化対象から外される場合があります。

黄色い収益化アイコンが表示される

YouTubeの管理機能「YouTube Studio」から動画の一覧を開くと、動画ごとに収益化対象になっているかどうか確認にすることができます。

以下の画像は私の運営するYouTubeチャンネルに投稿した動画の一つに黄色い$マークが付き、収益化対象外となったときのものです。

黄色い$マークが付くと、その動画には企業の広告が挿入されなくなり、結果的にその動画がいくら再生されたとしても広告収入を得ることができなくなります。

[動画の管理] で、動画の収益化アイコン $ が緑色(収益化対象) から黄色(広告表示なしまたは制限あり)、またはその逆に変化する場合があります。これは、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを動画が満たしているかどうかを判断するために、YouTube の自動広告システムがスキャンを何度も行うためです。

収益化アイコンについて

緑色の収益化アイコン

緑色のアイコンは収益化が有効になっていることを表しています。YouTubeのルールをきちんと守っている動画であり、多くの企業(広告主)が広告を挿入しても問題ないと判断されている動画に対して表示されます。

黄色の収益化アイコン

黄色のアイコンはYouTubeのルールをきちんと守っていない動画に対して表示されます。企業の広告が挿入されないため、その動画からは広告収入をほとんど得られなくなります

審査は定期的に行われている

YouTubeのルールをきちんと守っているかどうがのチェックはまず、動画の投稿時に行われます。この時のチェックは人間ではなく機械が自動的に行うため、機械でも判定しやすい動画タイトルや説明文が主なチェック対象となります。

ですので、動画タイトルに性的なキーワードを使ったりすると、動画投稿してすぐに黄色マークが表示されます。

ただ、動画投稿時に黄色マークにならなかったからといって、その動画がずっと収益化対象になるわけではありません。YouTubeは自動チェックの分析方法を常に改良しており、古い動画も定期的にチェックしていますので、投稿して数か月経ってかた黄色マークに変わることもあります。

守るべきルールはたくさんある

YouTubeで収入を得るには以下5つのルールを守らなければなりません。

1. YouTube利用規約 https://www.youtube.com/static?template=terms&hl=ja&gl=JP
2. YouTubeの収益化ポリシー https://support.google.com/youtube/answer/1311392?hl=ja
3. YouTubeコミュニティガイドライン https://support.google.com/youtube/answer/9288567?hl=ja
4. Adsenceプログラムポリシー https://support.google.com/adsense/answer/23921?hl=ja
5. 広告掲載に適したコンテンツのガイドライン https://support.google.com/youtube/answer/6162278?hl=ja

これらのルール全てをきちんと把握されている方は少ないのが現状かとは思いますが、黄色い収益化マークに悩まされている方は一度目を通すことをオススメします。

他のYouTuberもやっているからとか、自分では大丈夫だと思っていても、YouTubeの規制は年々厳しくなっています。

特に「YouTubeコミュニティガイドライン」「広告掲載に適したコンテンツのガイドライン」の2つは収益化の制限に直結する大事な規定ですので、ぜひご確認ください。

よくある収益化できない動画

収益化できなくなる動画の要素は多岐にわたるので、ここで全部紹介することはありませんが、よくあるものを紹介します。

ヌードや性的な動画

一番よくあるのが、ヌードや下ネタ含む性的な動画です。昔のYouTubeではサムネイルにセクシーな画像を使ったり、タイトルにエッチなキーワードを入れることで再生回数を稼ぐことができました。

しかし、現在のYouTubeでは規制が大変厳しくなっており、性的なことを連想させるだけでもアウトになります。例えば、動物の交尾、アダルトグッズ、性行為に関する会話、ヌードに関してはモザイク処理をかけたとしてもアウトになります。


暴力的・危険な行為の動画

これもありがちなのですが、喧嘩や戦争など、暴力を連想させる動画もアウトです。過激ないたずら動画や、チャレンジ動画もよく投稿されていますが、このあたりもかなり規制が厳しいので注意が必要です。

流血、死体、残虐行為などは当然ながらアウトになるのですが、人が見て不快に感じるコンテンツも対象なります。人が精神的に苦しんでいたり、危険にさらされている動画も含みますのでいじめ、嫌がらせ、差別、家庭内暴力を連想させる動画もアウトです。


視聴回数を増やすことだけを目的とした価値のない動画

視聴回数を増やすことだけを目的とした動画というのは、ネット上の文章をコピペした文章をただスクロールするだけの動画や、機械音声で読み上げただけの動画のように、お金儲けのためだけに作られた価値の低い動画のことを指します。

YouTubeで安易にお金儲けしようとした人達によって、大量生産された動画が一時は氾濫していましたが、規制の強化によって今では激減しています。

現在のYouTubeは動画の質は全体的に大きく向上しており、一定の品質や価値がなければ、それだけで収益対象外となる場合がありますので注意が必要です。

黄色マークがついた時の対処法

動画タイトルとサムネイルを変更する

動画の内容は変えることはできないですが、変えられる動画タイトルやサムネイル、説明文を健全なものに変更することで対処することが可能です。

実際、私のチャンネルでも動画タイトルにやや性的な事を連想させるキーワードを含めてしまったために黄色マークがついたのですが、すぐに気づいてタイトルを変更したところ30分もしないうちに緑マークに変わったことがありました。

再審査を申し立てる


動画に対するチェックは機械によって自動的に行われるので、判断誤りが発生する場合があります。これはYouTubeも認めていることであり、機械によるチェックに不満があれば人間による審査をリクエストすることが可能です

再審査リクエストの詳細については以下のページをご確認ください。

screenshot

人間による審査をリクエストについて
https://support.google.com/youtube/answer/7083671




再審査リクエストの手順は以下の通りです。

1.YouTube Studio にログインします。
2.左側のメニューで [動画] を選択します。
3.コンテンツが広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠しているか確認します。広告を表示する場所は広告主が選択できる点に留意してください。
4.[審査をリクエスト] をクリックし、画面の手順に沿って操作しますこのオプションは、動画の再審査請求が可能な場合にのみ表示されます。リクエストを送信すると、動画の横のテキストが審査のステータスに応じて更新されます。

引用:https://support.google.com/youtube/answer/7083671#appeal

どんな動画を作ればよいのか?

守らなければいけないルールはたくさんありますが、私が考える作るべき動画を簡単に表すと以下の3つに集約されます。

① 視聴者に価値を提供している

最近のYouTube動画はどれもハイレベルです。以前と違って素人が適当に撮った動画では視聴者が付かないですし、企業も広告を出したいと思いません。

YouTuberで収入を得るには、優れた映像クリエイターにならないといけないのです。視聴者の立場にたって、自分の動画は視聴者を引き付けるほどの価値があるか改めて考えててください。

② 完全オリジナルである

基本中の基本なので、この記事内であまり触れていませんでしたが、著作権もYouTubeで守らなければいけない大切なルールです。いまだにテレビの動画を転載した悪質なYouTubeチャンネルも見かけますが、YouTubeの規制強化によっていずれ消えていくでしょう。

また、最近のYouTubeはライバルが増えてきたこともあり、個性やオリジナリティが重要視されています。そういった意味でも「完全オリジナル」ということを意識して動画制作に取り組むべきだと思います。

③ 家族みんなで見られる

性的な表現や暴力など、禁止事項はたくさんありますが、自分の動画を客観的に見てみて、これを家族みんなで見れるかどうかを考えてみてください。

普通は子供を前にして、性的な動画や暴力的な動画は見れないはずで、このような考え方を持つと自然と健全な動画を作れるようになります。

まとめ

YouTubeは健全なプラットフォームになることを望んでいます。仮に視聴者がもっと過激で刺激的な動画を望んだとしてもYouTubeは扱わないと明言しているのです。

そして、YouTubeで収益を得ようとする以上、YouTuberが定めたルールに沿って活動することが求めらますので、コミュニティガイドライン等の規約を正しく理解したうえで動画制作を行うことをオススメします。



はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

YouTuberは儲からない?広がる格差問題と兼業でやっていくことの難しさ

ここ数年の間に「YouTuber」というものは多くの人に認知されるようになり、YouTuber自体の

記事を読む

YouTuberの色んな稼ぎ方とマネタイズについて

YouTuberというと動画の広告費で稼いでいるイメージがあるかとは思いますが、実際は様々な方法で収

記事を読む

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの中には毎日動画投稿を続けている

記事を読む

YouTuberが企画やネタ考えるときに大切なこと

私は今までYouTubeで7年近くYouTubeで活動してきて、たくさんの動画を制作ってきました。狙

記事を読む

収益化の条件が変更!YouTubeで簡単には稼げない時代に

数日前にYouTube動画の収益化(YouTubeパートナープログラム)の条件が改変になりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTubeのチャンネル登録者を増やす方法とテクニック

YouTubeのチャンネル登録者を増やす方法

YouTubeで収益化を無効にされる原因とは【収益化アイコンが黄色になる場合】

YouTubeで収益化を無効にされる原因とは 収益化でき

動画編集用パソコンは10万円で買えるのか?

動画編集用パソコンは10万円で買えるのか? 私は普段、よく友

視聴者に嫌われるYouTuberの特徴

視聴者に嫌われるYouTuberの特徴を調査してみた 私

動画編集用パソコンはデスクトップとノートのどっちがいいか?

これから動画編集用のパソコンを購入しようとする時、ノートパソコ

ココナラを使ってYouTubeチャンネルのブランディングを強化する方法

最近はYouTuberの間でも競争が激しくなってきており、

  • 人物:YouTuber
    YouTuber歴8年。
    登録者数10万人のチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑