動画編集用パソコンはデスクトップとノートのどっちがいいか?

YouTubeテクニック, 撮影機材

これから動画編集用のパソコンを購入しようとする時、ノートパソコンとデスクトップパソコンにしようか迷われる方も多いと思いますので、この記事ではどちらがオススメなのかを解説していきたいと思います。

デスクトップPCとノートPCのどっちがいいか?

動画編集するなら圧倒的にデスクトップPCがオススメ

結論から言ってしまうと、動画編集をするなら圧倒的にデスクトップPCがオススメです。

私は動画編集歴10年程で、ノートパソコンとデスクトップパソコンの両方で動画編集を経験してきましたが、動画編集がやりやすいのはデスクトップパソコンのほうでした。

以下、その理由をもう少し詳しく解説していきます。

ノートPCとデスクトップPCの違い

まずは、ノートPCとデスクトップPCにはどんな違いがあるのか表で示してみました。

ノートパソコン デスクトップパソコン
携帯性 ttt2 ttt2
収納性 ttt ttt2
拡張性 ttt ttt2
コスパ ttt2 ttt

携帯性

どこへでも持ち運べて作業できるというのがノートPCの一番大きなメリットになります。逆にデスクトップPCは持ち運びはできませんので、会社や学校、カフェなど色んな場所に持ち歩いて動画編集したい人はノートPCを選んでください。

収納性

デスクトップPCだとパソコン本体が大きくどうしても場所を取ります。逆ノートPCであれば薄くコンパクトに折りたためますし、キーボードやマウスも一体化しているので収納も楽ちんです。

拡張性

デスクトップPCの場合だと、後からメモリの増設やグラフィックボードの交換など、パソコンの詳しい人であれば、後から性能アップしたり、故障したパーツを簡単に交換うすることが可能です。しかし、ノートPCはそもそも分解不可のものが多く、そう簡単にはいきません。

コスパ

デスクトップPCのほうが構造がシンプルで、ノートPCより値段が安い傾向があります。一般的にノートPCというのは、構造が複雑なせいで製造コストが高くつくと言われています。

性能の違いについて

ひと昔前まではノートPCのほうが性能が劣ると考える人いましたが、最近は全くそんなことはありません。

結局はどんなCPUを積むか、メモリを何GB積むかなどのスペックによって性能が決まります。最近は高性能なCPUやグラフィックボートを積んだ、高性能なノートPCもたくさん出てきています。

動画編集に適した作業環境を考える

冒頭で、動画編集用のパソコンならデスクトップPCがオススメと書きましたが、実際に動画編集を行う時の環境にその理由があります。

動画編集は大画面のほうが楽

私は動画編集をするときに30インチの4Kディスプレイを使用していますが、小さいディスプレイよりも圧倒的に作業がはかどります。

動画編集ソフトは、画面上に複数のタイムラインやレプレビュー画面、コントロールパネルなど、ひとつの画面にたくさんの情報を表示します。

ですので、ノートパソコンの小さい画面だとどうしても作業がやりずらいのです。

動画編集をするのであれば、デスクトップPCを選び、できるだけ解像度が高く、かつ27インチ以上の大きさのあるディスプレイと合わせてを使うことをオススメします。

デュアルディスプレイならさらに有利

さらに、デュアルディスプレイ構成で作業すると動画編集はさらにはかどります。

単純にディスプレイが2枚あるだけでも十分ですが、デュアルディスプレイに対応している動画編集ソフトであれば、1枚目にタイムラインを表示、2枚目にプレビュー画面を表示するといった使い方もできてさらに便利です。

ノートPCの排熱問題


動画編集は基本的にとてもパソコンへの負荷が高い作業です。

そこで問題になってくるのがノートPCの排熱問題です。ノートPCは構造上、デスクトップPCに比べて熱をため込んでしまう構造になっています。

ですので、ノートPCで動画編集などの作業をしていると本体が熱くなったり、ファンが高速回転し騒音が発生する場合があります。さらに悪化するとオーバーヒートして電源が落ちることもあります。

スペックにもよりますが、安価なノートPCほど排熱問題に気をつける必要があります。

結論


結局のところ、ノートパソコンを選ぶメリットは外に持ち出せるという点であり、ずっと家で使うのであればデスクトップパソコンを買えばいいでしょう。

さらに、ノートパソコンは画面が小さかったり、排熱の問題があったりと、あまり動画編集には向いていません。

もちろん、ノートパソコンでも大きなディスプレイに画面出力したり、排熱の少ないハイスペックな製品もあるので、一概に言い切ることはできないのですが、私はデスクトップPCをオススメします。

オススメの動画編集用デスクトップPC

これから動画編集用のデスクトップPCを購入するという方にオススメのPCを紹介します。

メーカーはBTOパソコンの販売で人気のあるマウスコンピューターがオススメです。私自身、YouTubeの編集用PCに何台か保有していますが、故障もなくサクサク動いてくれています。また、スペックが高い割に値段も手ごろなのも特徴の一つです。

マウスコンピューター DAIV Z7

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9700
メモリ 16GB PC4-19200
グラフィック AMD Radeon™ RX 5700
ストレージ 256GB NVMe SSD / 2TB HDD
価格 159,800円
この動画編集パソコンの特徴

  • コストパフォーマンスに優れた標準モデル
  • Corei7搭載でストレスのない動画編集が可能
  • 複雑な編集でなければ4K映像の編集も十分可能
  • 高性能なグラフィックボート搭載


マウスコンピューター DAIV Z9

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i9-9900K
メモリ 32GB PC4-19200
グラフィック GeForce® RTX 2070 SUPER
ストレージ 512GB M.2 SSD / 2TB HDD
価格 249,800円
この動画編集パソコンの特徴

  • どんな映像編集にも耐えるハイエンドモデル
  • Corei9搭載で4K映像の編集もサクサク
  • どんな作業も余裕の32GBメモリ
  • 大容量ストレージ


はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

カメラバックっぽくないオシャレなカメラバックまとめ

カメラバッグというと無骨なデザインでオシャレとは言い難いものが多いですが、最近はオシャレなカメラバッ

記事を読む

底辺YouTuberはなぜチャンネル登録者が増えないのか?

YouTubeのチャンネル登録者が100人以下でチャンネル登録者がなかなか増えないチャンネルは「底辺

記事を読む

人気YouTuberが使っているカメラ機材【まとめ】

今回は人気YouTuberたちが使っているカメラ機材を調べてみました。 YouTuberの中に

記事を読む

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの中には毎日動画投稿を続けている

記事を読む

動画撮影に使う一眼カメラの選び方とオススメの機種

ここ最近は一眼カメラの動画撮影機能もだいぶ進化してきており、一眼カメラで動画撮影を行う人も増えてきま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTubeのチャンネル登録者を増やす方法とテクニック

YouTubeのチャンネル登録者を増やす方法

YouTubeで収益化を無効にされる原因とは【収益化アイコンが黄色になる場合】

YouTubeで収益化を無効にされる原因とは 収益化でき

動画編集用パソコンは10万円で買えるのか?

動画編集用パソコンは10万円で買えるのか? 私は普段、よく友

視聴者に嫌われるYouTuberの特徴

視聴者に嫌われるYouTuberの特徴を調査してみた 私

動画編集用パソコンはデスクトップとノートのどっちがいいか?

これから動画編集用のパソコンを購入しようとする時、ノートパソコ

ココナラを使ってYouTubeチャンネルのブランディングを強化する方法

最近はYouTuberの間でも競争が激しくなってきており、

  • 人物:YouTuber
    YouTuber歴8年。
    登録者数10万人のチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑