どっちがいい?YouTubeとブログの広告収入を比較してみた

YouTubeで稼ぐ, ブログ運営

自分はYouTuberとしての活動を続けながら、このいくつかのブログも運営しています。このブログもそのひとつです。

そんなわけで今回は、ブログの運営とYouTubeチャンネルの運営は何がどう違うのかを自分の経験を交えて紹介してみたいと思います。




広告単価の違いについて

まずは広告単価を比較してみたいと思います。ブログであればページビュー(PV)数という数え方があり、YouTubeでは再生回数という数え方があります。このとき、1万PVと1万再生では稼げる金額にどれだけの差があるのでしょうか?

YouTubeで1万再生あったら

まずYouTubeの場合はよく再生回数に0.1をかけた数字が収益額の目安だと言われています。ただし、この数字は各チャンネルや時期によってまちまちであり、だいたい0.1~0.05までの幅があります。

この平均を取って、仮に「0.075」という数字を使って計算すると、YouTube上で1万再生あった場合の収益額は750円になります。

ブログで1万PVあったら

ブログの場合、Google AdSenceのクリック率の平均が0.5~1%だと言われており、1クリックあたりの広告単価は20円~30円だと言われています。

これらの間を取って、仮にクリック率が0.75%、広告単価が25円だとして計算すると、ブログ上で1万PVあった場合の収益額は1875円になります。

実はブログとYouTubedeでは2.5倍ほどの大きな差があるのです。


結果:ブログのほうが稼ぎやすい

あくまで平均値を使って簡単に計算してみた結果であり、参考程度に留めてください。ただ、上記の計算結果は私が運営するブログやチャンネルとかなり近い結果になっていましたので、大きく間違ってはいないかと思います。

また、ブログの場合は収入源がGoogle Adsenceだけではありません。Amazonアソシエイトなどの物販アフィリエイトやA8.netなどのASPをうまく活用することによりさらに収益を増やす事が可能です。

そういった意味ではYouTubeよりブログのほうが圧倒的に収益を上げやすいかと思います。

https--thumb-1000xauto-4009


企業から直接得られる収入

ブログの場合もYouTubeの場合も、多くのファンを抱えるなどの一定の成果が出てくると、企業から直接収入を得ることができます。

YouTuberへの企業案件

多くのチャンネル登録者を抱えるYouTuberには企業案件の話が来る場合があります。それは企業から直接であったり、所属するMCN(マルチチャンネルネットワーク)からだっりするのですが、まとまった金額の収益を一気に稼ぐことが可能です。

YouTubeで多いのは特定の商品を動画で紹介するというものです。私が経験してきた企業案件はわりのよいものが多く、一件の企業案件をこなすだけで、月の広告収益の何倍もの収益をえることができました。

ブロガーへの企業案件

ブロガーの場合も企業から仕事が舞い込むことがあります。よくあるのが、出版社による書籍出版のオファーです。

このような話が舞い込むブログというのは、よほどの人気ブログであるか、きわめて高い専門性がある場合がほとんどです。私はこのようなオファーを受けた事がないので、詳しくは分からないですが一般的には8%~10%の印税を受け取れるようです。



製作時間の違いについて


広告収入には直接関係ありませんが、せっかくなので私がブログとYouTubeの大きな違いのひとつだと感じている製作時間の違についても紹介したいと思います。ブログ記事を1つ書くのと、動画を1つ作るのでは具体的にどのくらい違うのでしょうか?

ブログを1記事書く時間

ブログを書くのにかかる時間というのはネット上によく調査結果が公表されていますが、多くの人はだいたい30分で1つの記事を書いています。

私はけっこう時間をかけて書いていて1つの記事に2,3時間かけることも多いのですが、全体としては短時間で書いている人が大多数のようです。

YouTubeの動画を1本作る時間

YouTubeの場合は一概に断言するのは難しく、大きな個人差があると思います。

例えばスマホでサクっと撮影したペットの動画をYouTubeにアップするだけなら30分もかからないでしょう。ただし、私を含めてYouTuberと呼ばれる人たちはそうはいきません。企画から撮影するのにも多くの時間がかかりますし、編集になるとカット割り、テロップ入れ、効果音をつける作業までありますので、動画の内容によっては1日では終わらない場合もあります。

結果:YouTubeは非効率的

YouTubeの場合、ある程度しっかりしたコンテンツを作ろうとした場合はどうしても非効率です。

YouTubeの世界では準備に準備を重ね、撮影に何日もかけて、お金もかけて制作したショートムービーが、公開しても再生回数が100回しか回らなかったなんていうケースもあります。

最近よく思うことでもあるのですが、YouTubeは撮影や編集などを趣味として楽しめる方でないと続けていくのは難しいでしょう。


まとめ

簡単に結論付けることはできないですが、個人的にはブログのほうが収益を得やすいと思います。いまでこそYouTuberという言葉が流行し、YouTubeで大金を稼ぐトップユーチューバーの話題もよく聞くようになりましたが、ブログだってまだまだ負けてはいません。広告単価は高いですし、基本的には文章を書くだけなので、YouTubeにはない手軽さも魅力のほとつです。

ただ、YouTubeはまだまだこれから伸びていくプラットフォームであることには変わりませんし、普通の一般人が一躍有名になるチャンスもあります。誰にでもオススメしたりはしないですが、映像制作が好きで、映像で伝えたいことのあるような、熱意のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



 



はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

YouTuberの色んな稼ぎ方とマネタイズについて

YouTuberというと動画の広告費で稼いでいるイメージがあるかとは思いますが、実際は様々な方法で収

記事を読む

中学生や高校生がYouTuberになる時に気を付けるべき事

最近は10代の未成年でもYouTubeに動画を投稿し、中には多くのファンを抱えている若いYouTub

記事を読む

YouTubeで簡単には稼げない理由

この記事を書いた目的 ここ数年はYouTuberがブームになり、有名になる方も急激に増えてきました

記事を読む

YouTuberが出版した本をまとめて紹介!オススメはこれだ

HikakinTV 僕の仕事は YouTubeposted with ヨメレバHIKAKIN

記事を読む

YouTuberは儲からない?広がる格差問題と兼業でやっていくことの難しさ

ここ数年の間に「YouTuber」というものは多くの人に認知されるようになり、YouTuber自体の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTubeの終了画面に使えるフリー素材を公開しました

YouTubeの終了画面(エンドカード)とは YouTubeの終了画

YouTubeライブの特徴とその使い方について解説する

最近は人気YouTuberが通常の動画投稿とは別に、YouTubeライ

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照

YouTuberなら知っておくべき動画編集のコツとテクニック集

YouTuberに絶対的に必要なのが動画の編集スキル。 動画編集

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Star Creators!~YouTuberの本~ October 2017 (エンターブレインムック)

    Star Creators!~YouTuberの本~ SWEET (エンターブレインムック)

    なりきり!YouTuber実験 小学生: 自由研究まとめつき
PAGE TOP ↑