Photoshopで作るYouTube用カスタムサムネイル

公開日: : 最終更新日:2015/05/04 YouTubeテクニック

YouTubeで多くの再生回数やチャンネル登録者を望むのであれば、カスタムサムネイルにも気を使う必要があります。ユーザーが動画を見るかどうかを決める材料は「動画タイトル」と「サムネイル画像」の2つしかありません。よりたくさんの方に動画を見てもらうには、より興味を引きつけるようなサムネイル画像を用意する必要があります。

そこで、今回はどのようなポイントに気をつけて作成すべきなのかも含め、実際にPhotoshopでカスタムサムネイルを作成する手順をご紹介します。




Photoshopでのサムネイル作成手順

元画像を用意する

WS000270 まず、サムネイルのベースとなる画像を開きます。画像については特徴的なシーンを動画編集ソフトの静止画書き出し機能を使って書き出しおきましょう。

人物をマスク抜きする

WS000271 YouTubeではできるだけ人物を目立たせたほうが、サムネイルのクリック率が上がると言われています。その為、今回の例でも人物の顔が大きく写っている写真を選んで見ました。人物をさらに目立たせるには人物をマスク抜きし、背景と人物の区別をハッキリさせる方法が効果的です。

Photoshopの場合は「クイック選択ツール」で人物をなぞるようにして選択するだけで簡単に人物だけの領域を選択することができます。選択ができたら新しいレイヤーを作成し、そこにコピーした選択領域を貼り付けましょう。ここではマスク抜きの細かなやり方については割愛しますが、他の多くのブログで既に紹介されているので検索してみてください。

背景を設定する

WS000272 人物のマスク抜きが完了したら、新しいレイヤーを作成し背景を設定します。背景は色が明るめ、もしくは薄めのものであまり目立たないものを選び、人物のマスク抜きがより引き立つものを選びましょう。単にレイヤーを単一のカラーで塗りつぶして背景としてもよいのですが、今回はフリーの背景素材を使用しています。このような素材を使用すると、サムネイルの質がぐっと高まりますのでオススメです。フリーの背景素材は下記のサイトなどで取得することが可能です。

screenshot

背景素材フリードットコム
http://www.haikei-free.com/



人物をマスクに光彩を適用する

WS000273 「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「光彩(外側)」と選択していき、人物の周りに白いモヤモヤとしたものをつけます。こうすることで、より人物が引き立ち、マスクの境界線が目立たなくなる効果もあります。今回は白色の光彩を適用しましたが、黒や紫などの光彩を使用すると、恐怖感やダークな雰囲気を出すことができます。


飾り素材を追加する

WS000274 今回はさらにサムニエルの雰囲気を豪華に演習するために、人物の後ろに光が差し込むようなイラストを挿入してみました。私は自分で作成しましたが、このような素材はフリーでたくさん公開されていますので、それらを利用するとよいでしょう。日本のサイトでいうと以下の2つがオススメです。





テキストを追加する

WS000275 背景のある程度できてきたら、文字を追加していきましょう。文字を追加する際にはまず文字の大きさに注意しましょう。YouTubeのサムネイルというものは関連動画欄に小さく表示されることもありますので、視聴者が読みやすいように大き目の文字にしましょう。

また、文字に使用するフォントはパソコンに元から入っているようなゴシック系の文字だと、どうしてもダサくなりがちです。フォントにつていは日本語も使えるフリーのものが多数公開されていますので、それらのフォントを使用しましょう。フォントを変えるだけで雰囲気ががらっと変わります。ちなみに、上記の例で使用しているフォントは無料のポップ体フォント「けいふぉんと!」です。

screenshot

日本語のフリーフォント164種類のまとめ
http://coliss.com/articles/freebies/best-of-free-japanese-fonts-for-2015.html




テキストを装飾する

WS000280 最後に挿入した文字を「レイヤースタイル」で装飾し、文字をより目立たせましょう。今回はポップな雰囲気にするために、太目のエッジを付けたり、少し立体的な文字にしてみました。

例で使用している「レイヤースタイル」は「ドロップシャドウ」、「光彩(外側)」、「べベルとエンボス」、「境界線」の4つです。また、これらのレイヤースタイルを適用したあとに「自由変形」機能で文字に躍動感をつけています。


完成したカスタムサムネイル

GrAABBBAAeen4_hahuhahu20141dd123125939 最終的にできあがったカスタムサムネイルがこちらです。

YouTube上では視聴者がその動画を見てくれるかどうかが、動画タイトルとサムネイル画像にかかっています。それだけサムネイル画像は重要です。

上記の例のように文字を入れたりした凝ったサムネイルが正解というわけではありませんが、暗くて何が写っているのかよく分からないサムネイルなら、少し明るさやコントラストを上げるだけで”見やすい”サムネイルとなり、より多くの方に動画を見ててもらえるチャンスを増やすことができるかもしれません。ぜひ、サムネイルにもこだわってYouTubeチャンネルを運営してみてください。




もっと簡単・無料でサムネイルを作る方法

osiisト このブログではPhotoshopを使わなくても簡単にサムネイルを作る方法も公開しています。
下記のリンクからご覧下さい。



 
 



はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

スライス 17

YouTuberなら名刺ぐらい作っておけ!名刺のデザインや作り方

今回はYouTuberの名刺の話です。別に名刺なんかわざわざ作る必要はないんじゃないか?と思う方もい

記事を読む

WS000090

親近感を意識することがYouTubeチャンネルを続けてるうえで最も大切

意識している人は少ないかもしれないですが、YouTuberとして活動していくのであれば「親近感」は最

記事を読む

スライス 6

4Kの撮影や動画編集をする時に必要なものとは?

最近は気軽に4K撮影できるようなカメラも増え、4K動画の撮影や編集を行う人も増えてきました。ただ、4

記事を読む

tokeji

YouTubeに動画を投稿する時間はいつが適切なのか?

動画投稿する時間はいつがいいのか? チャンネル登録者を多く抱えているチャンネルでYouTubeで再

記事を読む

WS000295

超ハイクオリティなフリー素材で動画を作ろう!

YouTuberと呼ばれる人が注目を浴びるようになり、趣味で動画を作る人もだいぶ増えてきました。最近

記事を読む

Comment

  1. レナ より:

    とても良い記事ですね!真似してサムネイルを作成してみたら、明らかにクオリティが高まりました。素材サイトはあまり利用したことがなかったのですが、今後は活用させていただきたいと思います。ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

%e7%b7%a8%e9%9b%86%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88ikyatti-1
YouTuberにオススメの動画編集ソフトを紹介する

YouTuberになるときにまず悩むのが動画編集ソフト選び。というわけ

%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e7%94%b3%e5%91%8a%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
YouTuberの確定申告についてまとめてみる

もうそろそろ今年も終わりということで、確定申告の時期も近づいてきました

pceye1
YouTuberの編集部屋・PC部屋が凄い!

YouTuberの方たちがよく自分の部屋を紹介したり、動画編集のためだ

ws000078
アクションカムの撮影方法とアタッチメント総まとめ

アクションカムを買ってみたはいいものの、どうやって何を撮影したら悩むこ

%e8%87%aa%e6%92%ae%e3%82%8a-eye
自撮り動画を上手に撮影するコツ!決め手は構図と照明

YouTuberになる人も増え、ビデオカメラなどで自分を撮影している方

ws000075
動画撮影に使えるワイヤレスマイクの選び方

今回はYouTuberの間でも使う人が増えてきたワイヤレスピンマイクの

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • YouTube Perfect GuideBook [改訂第3版]

    YouTuberマガジン vol.2 (講談社 MOOK)

    はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)
PAGE TOP ↑