動画編集用パソコンの選び方をまとめてみる

公開日: 撮影機材

動画編集選びのポイント

動画編集に最適なパソコンを選ぶとき、どんな事に気をつければよいのでしょうか?

パソコン選びのポイントとして、まずは各パーツごとにどんな観点で選べばいいのかをまとめていきたいと思います。

viceoPC

CPU

動画編集向けパソコンを選ぶ時に、一番重要なのCPUです。CPUとはパソコンの頭脳のようなパーツであり、パソコンの性能に大きな影響を与えるものです。

特に動画編集時には動画をファイルとして書き出す「エンコード」という処理にCPUの性能が大きく関わっています。性能の低いCPUではエンコード処理にたくさんの時間がかかってしまい、作業効率が下がってしまいますので、CPUはお金をケチらずに出来る限り高性能なものを選びましょう。

販売されているパソコンのスペック表を見てみると「Core i5」や「Core i7」と書かれているかと思いますが、インテルのCPUの場合、性能は以下のようになっています。

Core i3 < Core i5 < Core i7

動画編集にはCPUに高い能力が求められますので最低でも「Core i5」を選択し、予算があれば「Core i7」を選ぶようにしましょう。また、一口に「Core i7」といっても多くの型番があるですが、できるだけ最新のものを選ぶことをオススメします。現時点において「Core i7」の中では第7世代CPU「Kaby Lake」の「Core i7-7700」が最新です。

メモリ

メモリとは一時的にデータを保存しておく作業机のようなパーツであり、メモリの容量が大きければ複雑な処理を同時に行ってもサクサクと軽快に動作させることができます。

現在売られているパソコンの多くはメモリ容量が、4GB、8GB、16GB、32GBのどれかです。

そして、動画編集を行うのであれば8GB以上のものを選んでください。4GBでも動画編集ができないわけではありませんが、動作の遅延などが発生して快適に作業できない可能性があります。

複雑な動画編集を快適に行いたい場合や4K動画の編集も考えている場合は16GB以上のものを選ぶのがオススメです。

容量 用途
4GB 快適な動画編集は望めない
8GB フルHDの編集なら十分
16GB 複雑なフルHDの編集のほか、4K編集や3DCG映像の編集も可能
32GB 複雑な4K編集から高度な3DCG映像の編集も快適


ビデオカード(グラフィックカード)

ビデオカードとは、映像データをディスプレイに表示させたり映像に関わる処理を行うパーツです。

ビデオカードが搭載されていないパソコンもありますが、その場合はマザーボードに載っているチップセットが代わりに映像に関わる処理を行います。このようなオンボード仕様のものは、ビデオカードに比べると性能が劣りますので、動画編集を行うのであればビデオカードが搭載されたものを選んだほうがよいでしょう。

ビデオカードには多くの種類があり、大変高価なものもありますが、たいていは3Dグラフィックゲーム向けのものであり、動画編集だけであればそこまで高価なビデオカードは必要ありません。

ただし、4K編集を行う場合はHDMI2.0かDisplayPortの出力端子が付いていて、4Kの解像度(3840×216)に対応したビデオカードを選びましょう。

また、プロ用動画編集ソフトには推奨ビデオカードが指定されているものもありますので、その場合は推奨されたものを選んでください。アドビのPremire Proであれば、以下のページに推奨ビデオカードが掲載されています。

screenshot

Adobe Premiere Pro の必要システム構成と推奨事項
https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/system-requirements.html



SSD

最近はSSD搭載のパソコンが増えていますが、そもそもSSDとはHDDよりもデータ読み書きが高速に行える記憶装置のことです。

データの読み書きが高速なので、SSDにOSにインストールをすればパソコンの起動時間が圧倒的に早くなったり、全体的に動作が軽快になるなどのメリットがあります。

動画編集ソフトのインストール先やキャッシュファイルの保存場所をSSDに指定すれば同様に動作が軽快になりますので、できるだけSSD搭載のパソコンを選ぶようにしましょう。


HDD

SSDはHDDに比べてデータの読み書きが高速ですが、値段が高価であるというデメリットがあり、最近はSSDとHDDの両方を搭載したパソコンが増えてきています。

これはOSやソフトウェア、よく使うファイルはSSDに保存し、あまり使わないファイルはHDDに保存するという使い方をする為です。

動画編集をやっていると、サイズの大きな動画ファイルを扱うのですぐにHDDの容量が不足する場合がありますので、最初からHDDの容量が大きなパソコンを選択するのがオススメです。




動画編集パソコンの構成例


構成例①:出来るだけ安く

viceoPC2

【手軽に始められる動画編集の入門機】



OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:インテル Core i5-6500
グラフィック:インテル HDグラフィックス530
メモリ:8GB (DDR4 SDRAM)
ハードディスク:1TB HDD
Raytrek-V IM レイトレック-V IM

動画編集に挑戦してみたいけど、できるだけ安く済ませたいという方はまずマックではなく、ウィンドウズのパソコンを選んでください。マックのPCはオシャレですがスペックの割りにはやや高額です。

また、ノートパソコンを選ぶのではなくデスクトップPCを選ぶこともポイントです。ノートパソコンは小型でコンパクトではありますが、その分製造コストがかかっており、デスクトップに比べて値段は高めになっています。

上記で掲載しているオススメの機種は、CPUがCorei5で、メモリは8GBになっており、動画編集は十分に行えるスペックになっています。動画編集マシンとしては最低限のスペックですが、ネットのブラウジングやオフィスソフトの操作はサクサクですので普段使いのPCとしてしてはハイスペックな部類です。





構成例②:標準的なスペック

viceoPC1

【動画編集向けスタンダードモデル】



OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:インテル Core i7-7700
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1050
メモリ:16GB (DDR4 SDRAM)
ハードディスク:250GB SSD + 1TB HDD
Raytrek-V MX レイトレック-V MX

フルHD動画をサクサク編集するなど、本格的に動画編集を行いたいというのであれば、CPUはi7、メモリは16GB積んでおくといいでしょう。

これだけのスペックがあればPCの動作が遅くてイライラすることもないですし、複雑な編集をしなければ4K映像の編集も可能です。




構成例③:4K編集も可能なスペック

viceoPC3

【4K編集も快適なハイスペックPC】



OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:インテル Core i7-6700K
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1070
メモリ:32GB (DDR4 SDRAM)
ハードディスク:500GB SSD + 3TB HDD
Raytrek-V ZF レイトレック-V ZF

4Kの60P映像や3DCGなど、高度な映像編集を行う予定があるのであれば、上記のような構成のPCがオススメです。

特にグラフィッグボードのGeForce GTX 1070はグラフィックスメモリとして8GBも搭載されてるほか、8K解像度での表示に対応する「DisplayPort 1.4」「HDMI2.0b」出力端子まで搭載されています。





デスクットプとノートのどっちがいいのか?

viceoPC3_コピー

ノートパソコンのメリット・デメリット

ノートパソコンを選ぶ一番のメリットは携帯性です。どこへでも自分の好きな場所に持ち運んで作業がしたいという方は、迷わずノートパソコンを選びましょう。

ただ、ノートパソコンはデスクトップと比べて劣る点がいくつかあります。デスクトップと比べると性能的にやや劣り、値段もやや高額です。ですので動画編集も可能な高性能なノートパソコンを購入しようとすると、どうしても値段は高くなってしまうのです。

また、ノートパソコンは容量が少ないものが多いので注意が必要です。ファイルサイズの大きな動画を扱っていると、どうしても容量が不足しがちですので、購入時にはできるだけ容量の大きなものを選びましょう。それでも容量が足りないという方は外付けハードディスク等を上手く活用しましょう。


デスクトップパソコンのメリット・デメリット

デスクトップの大きなデメリットは携帯性がないという点ですが、ノートパソコンにはないメリットがたくさんあります。

まず、拡張性があるのでハイスペックなPCを構築しやすいというところです。高性能なビデオカードを積んだり、HDDを何台も積むことができたりと、カスタマイズすることでよりハイスペックなPCにすることが可能です。

また、ディスプレイを自由に選ぶことができますので、大画面のディスプレイにしてみたり、2枚並べてマルチディスプレイ環境を構築することもできます。特に動画編集のような作業をノートパソコンの小さい画面で続けるのは厳しいものがあります。


結論:動画編集するならデスクトップがオススメ

携帯性を考えればノートパソコンなのですが、動画編集のし易さを考えればデスクトップパソコンを選ぶことをオススメします。

予算を抑えながらもハイスペックな環境を構築できますし、解像度の高い大画面ディスプレイも用意すれば、動画編集は圧倒的にやりやすくなります。



WindowsとMacのどっちがいいのか?


viceoPC3_コピー1

正直、どっちでもいい

クリエイター系の人達は多くの人がMacを使っているという印象があるかもしれませんが、これは好みの問題なのでどっちでも構いません。

どちらかが優れていてどちらかが劣っていりわけではありません。Macのスタイリッシュなデザインが良ければMacを選んでもいいですし、Windowsのほうが使い慣れているという人はWindowsを選んでもよいでしょう。

ただ、同じスペックのマシンであってもMacは値段が高額です。予算を抑えたい人はWindowsのほうがオススメです。

使う編集ソフトに合わせるのもあり

動画編集ソフトにはアドビのPremiere(プレミア)のように、MacとWindowsの両方に対応しているものもありますが、そうでないものもあります。

例えば、プロ用の編集ソフトであるEDIUS(エディウス)はWindowsにしか対応していません。また、YouTuberの間でも使っている人の多いFinal Cut Pro(ファイナルカットプロ)はMacにしか対応していません。

動画編集パソコンのOSを購入する時は、使う編集ソフトの事も考えながら選んでみるとよいでしょう。




はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照明機材を駆使して、適切な明るさ

記事を読む

カメラ用互換バッテリーの選び方【まとめ】

普段から、一眼レフやビデオカメラを使う方であれば、値段の安い互換バッテリーの購入を検討したことのある

記事を読む

オーディオテクニカのワイヤレスピンマイクが使いやすくて動画撮影に最適

去年、撮影用にオーディオテクニカのワイヤレスピンマイクを購入しましたので、何度か使ってみたりした上で

記事を読む

YouTuberがおすすめするオシャレなカメラバッグ【まとめ】

カメラはYouTuberのマストアイテムでもあり、それらを持ち運ぶカメラバッグも重要なアイテムです。

記事を読む

YouTuberの定番!一眼レフを使った動画撮影とは?

一眼レフで動画撮影するメリット 高画質な映像が撮れる 一般的なビデオカメラに比べて一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照

YouTuberなら知っておくべき動画編集のコツとテクニック集

YouTuberに絶対的に必要なのが動画の編集スキル。 動画編集

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

飲食店で動画撮影するときの注意点と許可取りについて

最近は飲食店の中で食レポ風の動画を撮影してYouTubeに動画を投稿し

4K動画編集もサクサクできる自作PCを作ってみた

ずっと動画編集に使ってきた家のパソコンがあるのですが、最近はフリーズし

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Creator Channel Vol.6 (COSMIC MOOK)

    Star Creators!~YouTuberの本~ June 2017 (エンターブレインムック)

    はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)
PAGE TOP ↑