4Kカメラの選び方とオススメの機種【まとめ】

撮影機材

最近は4K動画を撮影できるカメラが多く発売されるようになってきました。4K動画はフルHDの動画と比較するとその差は歴然であり、高繊細で大変美しい映像を記録することが可能になります。

ただし、いざ4Kで動画を撮りたいとなった時にどんなカメラを撮ればいいのか悩む方もいると思いますので、今回は各カメラの特徴を元に4Kカメラの選び方をご紹介したいと思います。




4Kカメラの選び方

4K映像を撮影可能なカメラの種類にはビデオカメラ、アクションカメラ、一眼カメラ、コンパクトデジカメなどがあります。4K動画を撮ろうとした場合、どのカメラを選べばいいのでしょうか?

4Kカメラの選び方 4Kカメラを選ぶ時の基準としては、画質、音声、手振れ補正などが挙げられます。以下の表は4Kカメラを選ぶときの基準ごとに評価をまとめたものです。

4Kカメラの比較

コンデジ ビデオカメラ 一眼カメラ アクションカム
画質 ttt ttt2 ttt3 ttt2
音声 ttt ttt3 ttt ttt
手振れ ttt ttt3 ttt2 ttt2
バッテリー ttt ttt3 ttt ttt2
小型/軽量 ttt3 ttt ttt ttt3
対衝撃/防水 ttt ttt ttt ttt3

※ 表はあくまで目安です。機種などによって評価が異なる場合があります。


こうして表にしてみると、ビデオカメラが4K動画の撮影には一番向いていることが分かります。

そもそも、ビデオカメラは動画撮影専用に設計されていますので当然といえば当然なのですが、画質の面では一眼カメラのほうが綺麗だったり、小型・軽量という観点ではコンデジやアクションカムのほうが優れています。

以下、カメラの種類ごとに特徴をまとめてみました。


4Kカメラごとの特徴


コンパクトデジカメ

最近では小型のコンデジでも4K動画を撮影できるものが増えてきています。ただし、4K対応のビデオカメラや一眼レフと比べるとセンサーサイズが小さく、画質の面では劣ります。

また、動画撮影機能が充実しているものは少ないので、オートフォーカス機能や、手振れ補正機能、そして録音機能が貧弱な場合があります。

ただし、コンデジは光学ズーム機倍率が高い製品が多いので遠くのものを撮影したい場合はコンデジを使ったほうが有利です。例えばニコンのCOOLPIX B700は4K対応機種でありながら光学60倍ズームを使って撮影する事が可能です。ビデオカメラや一眼カメラではここまでのズームを実現するのは難しく、コンデジならではメリットです。

コンパクトデジカメが向いているのはこんな人

・とりあえず4K動画を撮ってみたい人

・高倍率ズーム機能を使って4K動画をとりたい人

・小型かつ軽量なカメラで4K動画をとりたい人


オススメの機種「LUMIX DC-TZ90」

コンパクトデジカメでありながら4K動画が撮影可能なパナソニックのカメラです。光学30倍ズーム機能もついていますので、遠くのものを撮影することも可能です。

4K対応カメラの中では値段がとても安いのも特徴のひとつですので、あまりお金をかけずに4K撮影を楽しみたいという方にもオススメです。

「LUMIX DC-TZ90」のサンプル動画(4K画質)






ビデオカメラ

ビデオカメラはコンパクトデジカメなどとは大きく異なり、動画撮影機能が大変優れていますので、あまりカメラに関する知識のないかたでも簡単にクオリティの高い映像を撮ることができます。

例えば、オートフォーカス機能や手振れ補正機能が優れていますので、運動会で子供の撮影する場合など、動くものでも綺麗に撮影することができます。また、音声に関しても5.1chサラウンドに対応している機種があったり、高音質での録音が可能です。

また、ビデオカメラは基本的にバッテリの容量が大きくしてあるなど、長時間録画にも耐えられうように作られていますので、長時間連続で撮影する使用用途がある方はビデオカメラを選んだほうがよいでしょう。

ビデオカメラが向いているのはこんな人

・手軽に綺麗な4K動画を撮影したい人

・4Kの長時間録画を行いたい人


オススメの機種「FDR-AX55」

4K対応のビデオカメラを選ぶのであれば、業務用4Kカメラの開発も多く手がけているソニーのカメラがオススメです。

特にソニーのビデオカメラには空間光学手ブレ補正という強力な手振れ補正機能がついていますので、手持ち撮影でもブレの少ない映像を撮影したい方には大変オススメです。

また、FDR-AX55はフォーカスやズームを手動で調整することもできますので、手前から奥の被写体にフォーカスを移動させるような、ちょっとこだわりのある映像も撮影できます。

「FDR-AX55」のサンプル動画(4K画質)






一眼カメラ

4K動画を最高の画質で撮影したいのであれば一眼カメラを選ぶのがオススメです。基本的にセンサーサイズが大きければ大きいほど高画質になりますので、コンデジやビデオカメラよりも大きなセンサーを積んだ一眼カメラは高繊細で大変綺麗な映像を撮影することができます。

特にソニーのα7IIIをはじめとするソニーのα7シリーズはフルサイズセンサーを搭載しながらも4K対応しているカメラであり、画質に拘る人には大変オススメです。

一眼カメラは画質の面では大変優れていますが、やや扱いにくい一面もあります。例えば、遠くのものを撮影しようとした場合は望遠レンズを別途購入する必要があったり、音声も綺麗に録音しようとするのであれば外部マイクを別途購入しなくてはいけません。

とことんこだわって美しい映像を撮影することができますが、突き詰めるとお金もかかりますのでその点は覚悟が必要です。

一眼カメラが向いているのはこんな人

・最高画質で4K動画をとりたい人

・静止画(写真)も4K動画も両方こだわりたい人

・様々なレンズや機材を駆使して撮影を行いたいひと


オススメの機種「α6500」

4K対応の一眼カメラというのはまだ数が少なく、30万円以上するような大変高価なものもあります。

ただ、その中でもソニーのα6500はAPS-Cサイズセンサーや手振れ補正機能など上位機種に負けない機能を搭載していながら10万円台で購入できるという大変コストパフォーマンスの高いカメラです。

録画中のオートフォーカス機能や手振れ補正機能が強力ですので、動画の撮影に慣れていない初心者の方にでもオススメできる一眼カメラです。

「α6500」のサンプル動画(4K画質)






アクションカム

ダイビングやエクストリームスポーツなどのアクティブな環境で使用するのであればアクションカムを選びましょう。

対衝撃性や防水性に優れていますので、どんな過酷な環境においても4Kで高繊細な映像を記録することができます。また、小型・軽量でコンパクトですので、どこへでも持ち運びしやすいという利点もあります。

アクションカムが向いているのはこんな人

・対衝撃性能や、防水性能のあるカメラで4K動画を撮りたい人

・小型かつ軽量なカメラで4K動画をとりたい人



オススメの機種「GoPro HERO6」

アクションカムといえばGoProが有名ですが、GoProの数ある製品の中でもこの「GoPro HERO6」は4K/60fpsでの録画が可能な最新モデルです。

ひとつ前の「GoPro HERO5」と比較すると大幅に画質が向上しており、強力な手振れ補正も付いたことから人気のモデルとなっています。

また、GoProの場合は純正アクセサリーが大変充実していますので、それもGoProをオススメするポイントのひとつです。

「GoPro HERO6」のサンプル動画(4K画質)




関連記事






はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

NEEWERの撮影機材がコスパ最強で便利すぎる

NEEWERというメーカーをご存じでしょうか?映像制作をしている方なら一度は聞いたことがあるかもしれ

記事を読む

結局、一眼レフカメラにつける外部マイクは何がいいのか?

外部マイクを使う必要はあるのか? 一眼レフカメラはビデオカメラよりも綺麗な映像を取ることができ

記事を読む

YouTuberの定番!一眼レフを使った動画撮影とは?

一眼レフで動画撮影するメリット 高画質な映像が撮れる 一般的なビデオカメラに比べて一

記事を読む

BenQの31.5型ディスプレイ「EW3270U」をレビューしてみる

今回はBenQの31.5型ディスプレイ「EW3270U」をレビューをする機会を得ましたので、実際に開

記事を読む

アイデア満載!ドローンを使った面白い映像の撮影方法【まとめ】

最近はドローンを使って撮影を行う方も増えてきましたが、ドローンは普通に風景を撮影するだけでなく、様々

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BenQの31.5型ディスプレイ「EW3270U」をレビューしてみる

今回はBenQの31.5型ディスプレイ「EW3270U」をレビューをす

ソニーのα7IIIの動画性能をレビューしてみる【サンプル動画あり】

ソニーのα7IIIを購入してから、色んな状況で動画の撮影テストをしてみ

ソニーのα7IIIを購入したので開封レビューしてみる

ずっと待ち望んていたソニーのα7IIIが発表され、発売日当日に手に入れ

YouTuberが使っているフリーフォントは?オススメのフォントをまとめてみた

動画編集では映像内に文字(テロップ)を挿入することがよくありますが、文

一眼カメラ用の外部マイクの選び方とオススメ11選

最近は一眼カメラに外部マイクを装着しての撮影スタイルが増えてきています

収益化の条件が変更!YouTubeで簡単には稼げない時代に

数日前にYouTube動画の収益化(YouTubeパートナープログラム

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑