ワンランク上の動画を撮影できる撮影機材一覧

公開日: 撮影機材

映像制作を趣味にしている方や、普段YouTubeに動画を投稿している方の中には、動画の品質を上げてよりハイクオリティな動画を撮りたいと思う方も多いと思います。

そこで、今回は動画のクオリティをワンランクアップさせてれる撮影機材をまとめてご紹介します。昔はプロしか使えなかったような機材でも、最近は一般向けに、安くて使いやすいものが多く発売されていますので、ぜひ参考にしてみてください。



スタビライザー


スタビライザーとはステディカムと呼ばれることもありますが、手振れを抑えることのできる撮影機材です。

やじろべえいの用にカメラと重りでバランスを取ることでブレがカメラに伝わらない仕組みになっており、スッーと動くような映像を撮影することが可能です。

実際の映像を見て頂いたほうが早いかと思いますので、以下の映像を見てみてください。


この映像のように、カメラが空中を滑らかに移動しているかのような映像になります。単に手振れが抑えられているだけではありますが、映像のクオリティもグッと引き上げることが可能です。

すこし前までは、スタビライザーというと、業務用の機材という位置づけでしかなく、値段も高価でなかなか手が出せないものでした。しかし、最近は1万円以下のものまで登場し、手が出しやすくなっています。

オススメなのは有名なFlycam社が販売している製品です。初めてスタビライザーに挑戦するのであればフライカムC5フライカムナノ がオススメです。C5とナノの一万円以上値段が異なりますが、その差はセッティングのし易さにあります。C5のほうが重心を合わせる際の微調整が楽です。




ドリー

ドリーとはカメラに車輪をつけて移動させることにより、スムーズなパンやズームを行う機材のことを指します。

映像業界の現場では自動車を使ったり、もっと大掛かりな装置を使ったりするのですが、一般向けに小さくて使いやすいドリーも販売されています。


その一般向けドリーのひとつが、このスケートドリー です。値段も数千円から購入できますので、安く凝った映像を撮りたいといった方には大変オススメです。この商品でも十分なめらかで綺麗な映像を撮影することはできますが、平らな場所でしか使えなかったり、どうしても車輪の音が発生してしまうなどの難点もあります。




クレーン

クレーン撮影というと、大掛かりな映画撮影や、ミュージックビデオ撮影などでプロが使っているようなイメージですが、最近では一般の方でも使用できるようなミニクレーンが売られています。お値段も数万円~10万円以下と、そこまで高額ではありません。

クレーンを使用するとローアングルからハイアングルまで、様々なアングルでの撮影が可能になります。また、カメラを上下に動かすことにより、ダイナミックな動きのある映像を作ることも可能です。


使う機会は限られる機材ではありますが、ドラマや映画制作を趣味でやられている方で、アングルにこだわりたいという方は是非試してみてはいかがでしょうか?




スライダー

ドラマなどのオシャレな映像ではカメラが滑らかに横移する場面をよく見るかと思いますが、あのような映像は、カメラスライダーというものを使用して撮られています。

カメラスライダーはレールの上をカメラが滑らかに移動できるような仕組みが備わっており、レールの上のカメラを上手く動かすだけで、綺麗に横移動する映像を撮影することができます。

ひと昔前まではたいへん高価な撮影機材でしたが、最近は値段も落ち着いてきて誰でも買えるようになってきています。ぜひ、ちょっとオシャレな映像作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?




ドローン

既にご存知の方も多いかと思いますが、ドローンは空撮用の撮影機材です。

ここ数年で多くの種類のドローンが発売され、空撮を行う方も一気に増えました。

ただ、一口にドローンといっても種類は様々で、カメラ性能や連続飛行時間、操作性に大きな違いがありますので、購入の際には各機能や性能を見極めたうえで購入してください。


数あるドローンの中でも優れた安定性で人気になっているのが、DJI社のPHANTOM4です。マルチコプタードローンの定番ともいえる機種であり、4Kカメラも標準搭載されています。




カメラリグ

WS000010
カメラリグとは撮影するための補助パーツを取り付けるベースとなる機材です。たいていは外部マイク、モニタ、マッドボックス、フォローフォーカスなどのパーツと合わせて使います。

撮影パーツを様々組合わせて自分好みのカメラシステムを構築できるのが一番のメリットですが、見た目がかなりプロっぽくなるので格好が付くというメリットもあります。



関連記事





はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

4Kの撮影や動画編集をする時に必要なものとは?

最近は気軽に4K撮影できるようなカメラも増え、4K動画の撮影や編集を行う人も増えてきました。ただ、4

記事を読む

YouTuberにオススメなビデオカメラはコレだ!

自分はYouTuberさん達がよくやっているカメラのレビュー動画をよく見て参考にしたりすのですが、そ

記事を読む

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照明機材を駆使して、適切な明るさ

記事を読む

YouTuberにオススメの動画編集ソフトを紹介する

YouTuberになるときにまず悩むのが動画編集ソフト選び。というわけで今回は、YouTuberには

記事を読む

4Kカメラの選び方とオススメの機種【まとめ】

最近は4K動画を撮影できるカメラが多く発売されるようになってきました。4K動画はフルHDの動画と比較

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照

YouTuberなら知っておくべき動画編集のコツとテクニック集

YouTuberに絶対的に必要なのが動画の編集スキル。 動画編集

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

飲食店で動画撮影するときの注意点と許可取りについて

最近は飲食店の中で食レポ風の動画を撮影してYouTubeに動画を投稿し

4K動画編集もサクサクできる自作PCを作ってみた

ずっと動画編集に使ってきた家のパソコンがあるのですが、最近はフリーズし

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Creator Channel Vol.6 (COSMIC MOOK)

    Star Creators!~YouTuberの本~ June 2017 (エンターブレインムック)

    はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)
PAGE TOP ↑