YouTuberが知っておくべきアンチコメントとの付き合い方

YouTubeテクニック

今回はYouTuberとして活動していると、どうしても関わらなくてはならないアンチコメントとの付き合い方についてまとめてみたいと思います。


なぜアンチコメントがつくのか?


そもそも、アンチコメントがつく理由はなぜなのでしょうか?以下、アンチコメントが付く理由として考えられることをまとめてみたいと思います。

人気が出てきたから

実はアンチコメントは人気を表す指標だったりします。どんな人気YouTuberであっても、どんなに面白い動画であっても必ずアンチコメントは存在します。それは多くの人に見られることによって、単に気に入らないという理由や、人気への妬みも含まれてくるからです。

逆に全く人気のない底辺YouTuberだとコメントがほとんど付かないので、アンチコメントの数も必然的に少なくなります。

モラルに反する内容だから

犯罪ギリギリの炎上ネタや、動物虐待、デマ、人種差別的な内容であれば当然ながらアンチコメントが増えます。最近は炎上を狙って意図的にこのようなネタ動画を出すようなYouTuberも見受けられるようになりました。

確かにネット上で炎上すれば、一気に注目が集まり動画の再生回数を稼ぎやすくなりますが、最近はYouTubeがコンプラインスを重視して規制を強めていますので、動画の削除またはチャンネル停止の処置を受けるリスクがあります。

間違った情報を伝えている

最近はネット上でのデマやフェイクニュースが問題になってきており、意図的でないにしても誤った情報を動画内で伝えてしまうことはアンチコメントを増やす要因になります。特にハウツー動画のようなコンテンツを提供しているチャンネルは注意が必要です。

純粋に動画がつまらない

底辺YouTuberによくありがちなのが、動画がつまらないというパターンです。例えば、しゃべっている声が小さくて聞こえない、カメラがブレブレで映像がみにくいといった理由も含まれます。

また、最近はYouTubeの規制強化によって減ってきましたがテキストを流すだけで全く内容がなく、単に再生数を稼ぐためだけに作られた低品質な動画も該当します。


連鎖を防いでしっかり管理することが大切

YouTubeチャンネルを運営していると必ずアンチコメントに関する問題はつきまとってきます。アンチコメントが付きにくい健全な動画を作ることも大切ですが、付いてしまったアンチコメントに対する管理も大切です。

というのも、アンチコメントが動画のコメント欄でそのまま放置されていると、そのアンチコメントを見た他の視聴者が誘発されるようにアンチコメントをするケースがあります。このような連鎖が続くと、コメント欄がアンチコメントで埋まっていき、さらなるアンチを増やすことになってしまいます。

そうならならいためにも、アンチコメントに対しては以下のような対処を行ってください。


アンチコメントに対する対処法


アンチコメントに対する対処はYouTubeの運営が様々な方法を提供してくれています。これは、それだけコメント管理がチャンネル運営において重要だということでもあります。対処法をいくつかまとめて紹介しますので、アンチコメントに悩んでいる方はぜひできそうなものから試してみてください。

反応しない

まず、一番大切なことはアンチコメントに対して反論するなどして反応することは行わないことです。

コメント欄で意見をぶつけ合って議論してみたところで、顔の見えないネット上では解決したり事態が収束することはまずありません。アンチにさらに火をつけて事態が悪化するだけです。

削除する

気に入らないなと思ったコメントや、さらにアンチが増えるきっかけにばりそうなコメントはどんどん削除しましょう。自分のチャンネルに少しでも不利益になりそうなコメントは躊躇なく削除してください。これがコメント管理の基本です。

コメント欄にはコメントごとに「・・・(点が3つ並んだアイコン)」がありますので、そこから「削除」を選択して削除してください。

コメントを削除しても、そのコメントをした視聴者には通知されません。また、削除されたコメントは、コメントをした視聴者にはずっと表示され続けますので、削除したと気づかれることはありません。(コメントをした視聴者がログインユーザーを変更してコメント欄を見れば、コメントが消えていると分かってしまいますので、絶対に気づかれない訳ではありません。)

ユーザーを非表示にする

特定の視聴者から何度もアンチコメントを付けられてしまう場合をそのユーザーのコメントをまとめて非表示にすることができます。いったん非表示にしてしまえば、過去のコメントがすべて非表示になる他、将来付けられるコメントも非表示になります。

コメント欄にはコメントごとに「・・・(点が3つ並んだアイコン)」がありますので、そこから「ユーザーをチャンネルに表示しない」を選択して設定してください。

ユーザーを非表示にしても視聴者には通知されません。また、非表示にされたコメントは、コメントをした視聴者にはずっと表示され続けますので、気づかれることはありません。(コメントをした視聴者がログインユーザーを変更してコメント欄を見れば、コメントが消えていると分かってしまいますので、絶対に気づかれない訳ではありません。)

コメントを承認制にする

動画に対するコメントを全て承認制にすることもできます。管理画面でコメントを承認しない限り、コメント欄にコメントが表示されることがありません。

設定方法は、[動画の管理]で動画を選び、[編集] → [詳細設定]と進み、[コメントを許可] で [承認制] を選択するだけです。
この設定は新しいコメントにのみ適用され、すでにあるコメントには適用されません。

特定のキーワードをブロックする


動画に対する批判的な言葉など、特定のキーワードを含むコメントを自動的にブロックして非表示することもできます。例えば、「つまらない」「面白くない」などのキーワードを指定しておけば、そのキーワードを含むコメントはブロックされ、承認待ち状態になります。一度ブロックされたコメントであっても、表示しても問題ないコメントであれば後から承認することでコメント欄に表示させることも可能です。

設定方法は、YouTube Studioの左側メニューから[設定] → [コミュニティ] と進み、[ブロックする単語] ボックスに、ブロックするキーワードをカンマで区切って追加するだけです。

モデレーターを追加する

モデレーターとはチャンネル運営者と同じようにコメントの削除を行う権限をもった人のことです。チャンネル運営者は、友人やファンの中から信頼できる人をモデレーターに指定します。モデレーターに指定された人はチャンネルにとって不利益だと思われるコメントを見つけ次第削除することが可能になります。

詳細についてはYouTubeの以下公式ページから確認してください。
https://support.google.com/youtube/answer/7023301

コメント機能を無効化する

あまりオススメしない方法ですが、コメント機能そのものを無効化することも可能です。チャンネルが炎上してしまい、多くのアンチによって大量のアンチコメントが書き込まれるような酷い状況に陥った状況下では有効な手段です。

炎上した人気YouTuberがコメント機能を無効化しているのをたまに見かけますが、それでアンチが減るわけではないですので、まずは炎上しないように健全なチャンネル運営を心掛けることが大切です。

※コメント機能の無効化は単にアンチコメントへの対策だけに使われるものではありません。コメントを必要としない企業のプロモーションビデオ等で意図的にコメント機能を無効化するケースもあります。


自分のチャンネルでの話


この記事では主にアンチコメントの対策方法について紹介してきましたが、アンチコメントにもチャンネル運営に重要な情報が含まれている場合があります。完全に無視したり対策するのではなく、有益だと思われる意見は真摯に受け止めることも大切だと思います。

自分の運営するチャンネルでは、人気が出る前までは一つの動画にコメントが10件ほどしかつかず、アンチコメントもほとんど付かない状態でした。

しかし、だんだん人気が出てくるとアンチコメントが付いてくるようになりました。人気になればなるほど、必ずアンチコメントは付くものなので最初はあまり気にしていなかったのですが、動画によってはアンチコメントが目立つようになり、低評価数が高評価数を上回るようにもなりました。

当時のことを振り返ってみると、とりあえず人気が出てきたので調子に乗って、何でもいいから動画を投稿すれば見てもらえるだろうという安直な考えのもと、品質の低い動画を量産してしまっていたのです。視聴者は正直です。次第に「つまらない」「おもしろくない」「オワコン」「辞めてしまえ」などのアンチコメントも頂くようになってしまいました。

ただ、そのようなコメントを貴重な意見だと捉え、動画の品質を重視した手法に大きく路線変更しました。

結果、いまではほとんどアンチコメントが付かなくなり、健全なチャンネル運営ができるようになりました。みなさんもぜひ、なぜアンチコメントが付くのかを客観的に分析して改善に努めてみてはいかがでしょうか。



はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

動画撮影には必須!YouTuberにオススメな三脚はこれだ!

今回は映像制作を行うYouTuberにとっては必須アイテムである三脚の選び方についてご紹介します。

記事を読む

YouTuberの定番!一眼レフを使った動画撮影とは?

一眼レフで動画撮影するメリット 高画質な映像が撮れる 一般的なビデオカメラに比べて一

記事を読む

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの中には毎日動画投稿を続けている

記事を読む

あのメイク動画はどう撮っているのか?撮影方法を調べてみた

ここ数年の間にYouTube上ではメイク動画の人気が爆発的に広がっており、メイク動画をYouTube

記事を読む

YouTubeの終了画面に使えるフリー素材を公開しました

YouTubeの終了画面(エンドカード)とは YouTubeの終了画面はエンドカードとも呼ばれ、動

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTuberが知っておくべきアンチコメントとの付き合い方

今回はYouTuberとして活動していると、どうしても関わらなくてはな

YouTuberは副業になるのか?自分のリアルな現状を語ってみる

YouTubeで副業している自分の現状 私は普段、このブログを運

カメラバックっぽくないオシャレなカメラバックまとめ

カメラバッグというと無骨なデザインでオシャレとは言い難いものが多いです

BenQの31.5型ディスプレイ「EW3270U」をレビューしてみる

今回はBenQの31.5型ディスプレイ「EW3270U」をレビューをす

ソニーのα7IIIの動画性能をレビューしてみる【サンプル動画あり】

ソニーのα7IIIを購入してから、色んな状況で動画の撮影テストをしてみ

ソニーのα7IIIを購入したので開封レビューしてみる

ずっと待ち望んていたソニーのα7IIIが発表され、発売日当日に手に入れ

  • 人物:YouTuber
    登録者数10万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑