YouTuberの定番!一眼レフを使った動画撮影とは?

公開日: YouTuber情報, YouTubeテクニック, 撮影機材

YouTuber 一眼レフ

一眼レフで動画撮影するメリット


高画質な映像が撮れる

一般的なビデオカメラに比べて一眼レフカメラは撮像素子(イメージセンサー)が大きく、高画質で繊細な映像を撮影することが可能です。また、高感度性能が高いため、室内や暗闇の中でも上手く設定してあげることでノイズの少ない綺麗な映像を撮影できます。

背景ボケのある映像が撮れる

ビデオカメラで撮影を行った場合、どの箇所にもピントが合って平面的な映像となります。それに対して、一眼レフカメラはセンサーが大きい分被写体深度浅くなり背景ボケのある映像を撮影することができます。これによりドラマ撮影や映画っぽい雰囲気のある映像や、アーティスティックな動画を撮影することが可能となります。

レンズ交換により多様な表現ができる

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応
SIGMA 広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM キヤノン用 APS-C専用 SIGMA 望遠ズームレンズ APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応
一眼レフの持つ大きな利点の一つにレンズを交換できるという点があります。例えば望遠レンズを装着することで遠くの被写体を大きく撮影することができたり、明るい単焦点レンズを使って美しい背景ボケを演出したりすることが可能です。近影や遠景でレンズをわざわざ交換しなくても、広角から望遠までをカバーした便利ズームと呼ばれるズームレンズを使用すればレンズ交換を省く事も出来ます。いずれにしても、一眼レフでは自分の撮りたい映像に合わせてレンズを自由に選ぶことができるという利点があります。

静止画も綺麗に撮影できる

動画撮影もできる一眼レフを一台持っていれば、静止画も綺麗に撮影することができますので、一台二役といった感じで大変便利です。いままでは一眼レフとビデオカメラの両方を買い揃えるのが普通でしたが、最近では動画撮影の可能なデジタル一眼レフ一台で済ませる方も増えてきています。





一眼レフで動画撮影するデメリット


手でピント合わせる必要がある

最近では動画撮影時でもオートフォーカスの利く機種が増えてきましたが、そうでない機種もまだまだありますので購入の際には注意が必要です。動画撮影中にオートフォーカスが利かない機種であっても動画撮影中に手動でピントを合わせれば撮影可能ですが、どうしても動きのある対象物を撮影するには不利になってしまします。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D
また、動画撮影中にオートフォーカスの利く機種であってもフォーカスのスピードが遅く、なかなかピントが合わない場合もあり、すばやく動く物に対してはオートフォーカスが追いつかない場合があります。ただ、最新の一眼レフではその点も改善されてきています。特に昔からオートフォーカスに強いSonyのデジタル一眼であったり、Canonの70Dであればあまり心配する必要はないかもしれません。

手でズームを行う必要がある

一般的なビデオカメラでは電動ズーム機能が標準で付いており、ボタン操作なのでスムーズなズームを行うことができますが、一眼レフカメラではそう簡単にいきません。電動ズーム機能付きの一眼レフカメラは現状きわめて数が少なく、レンズのズームリングを手で回してズームするのが普通です。手で行うと、どうしても滑らかにズームできなかったり、手振れが発生してしまうというデメリットがあります。

フォーカス音が入ってしまう

一眼レフで動画を撮影すれば当然ながら音声も一緒に録音することができます。ただし、一眼レフの録音機能はおまけ程度の機能で音質は決して良いとはいえません。しかも、フォーカス音のうるさいレンズを使用し、オートフォーカスモードで撮影すると、フォーカス音の「ガシャガシャ」という雑音も一緒に録音されてしまします。

RODE ビデオカメラ用コンデンサーマイク VIDEOMIC PRO 正規輸入品
フォーカス音が一緒に録音されてしまう事を防ぐには、超音波モーターが搭載されたフォーカス音のしないレンズを選択するか、外部マイクを使用して極力フォーカス音が入らないように工夫する必要があります。

手振れに注意する必要がある

ビデオカメラであれば当然ながら動画撮影中にも手振れ補正機能が利きますが、一眼レフはそうとは限りません。最近では動画撮影中にも手振れ補正の利く機種が充実してきましたが、ひと昔前の機種では動画撮影に手振れ補正が利かないものもありますので購入の際には注意してください。

連続動画録画時間に制限がある

関税に関わる法律上の問題により大抵の一眼レフは連続動画録画時間が29分までとなっています。これは連続動画録画時間が30分を超えると一眼レフはなくビデオカメラという法律上の扱いになり、色々と影響がある為だそうです。
Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH3 ボディ 1605万画素 ブラック DMC-GH3-K

よって30分以上の長い動画を撮影したいという方には一眼レフは向きません。ただし、ごく一部ですがパナソニックから販売されている、GH2、GH3などは30分以上の連続録画が可能です。






YouTuberに人気の機種①【Canon EOS 70D】

Canon EOS 70Dがやってきた!その1


Canon EOS 70D デジタル一眼レフカメラを紹介


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D レンズキット EF-S18-135mm

以前から多くのYouTuberに愛されていた名機、EOS 60Dの後継機にあたるのがこのEOS 70Dです。

ひとつ前の機種である60Dでも動画撮影には十分適していた機種でしたが、EOS 60Dでは不満の多かったオートフォーカス速度が大幅に改善され、動きのある対象物でも簡単に撮影することができるようになっています。

EOS 70Dは一眼レフとしても中堅クラスの性能をもっており、静止画撮影も綺麗に行うことができます。また、以下の商品は「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」という静音設計のレンズがセットになっており、フォーカス音が録音される心配がなく、広角(18mm)から中望遠(135mm)までカバーしてくれますので大変オススメです。




YouTuberに人気の機種②【Sony α5100】

「α5100」をレビュー!SONYの超使えるミラーレス一眼!


α5100は買いなのか?NEX-5Rとスペックを比較してみた!


SONY ミラーレス一眼 α5100 パワーズームレンズキット

ミラーレス機であるため一眼レフよりもコンパクトで持ち歩きやすいという便利さがあり、値段もそこまで高くありません。価格は安いながらもAFフォーカスも早く、一眼ならではの高解像度の映像を撮影するこも可能です。

また、液晶画面を180度回転することができるので、自分撮りにも最適であることから多くのYouTuberに選ばれています。




一眼レフのレンタルサービス

一眼レフというとやはり値段が高額なのでなかなか手を出せない方も多いと思いますが、そんな方にはレンタルサービスで試しに使ってみるのがオススメです。手続きはとても簡単ですし、買う前にじっくりと試し撮りをするなどして、ゆっくり吟味することができます。

キヤノン EOS 70Dのレンタルサービス


動画撮影に適した一眼レフの選び方

いざ動画用の一眼レフを購入しようと思っても、どんなポイントに気をつけてカメラを選べばよいのか迷う方もいると思いますが、こちらの記事では動画向けの一眼を選ぶ際のポイントを詳しく紹介していますので参考にしてみてください。




関連記事

こちらでは一眼レフのつける外部マイクについて詳しくご紹介しています。一眼ムービーで外部マイクを使用するのはあたりまえのようにもなってきていますので、是非参考にしてみてください。



 



はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

動画編集用パソコンの選び方をまとめてみる

動画編集選びのポイント 動画編集に最適なパソコンを選ぶとき、どんな事に気をつければよいのでしょうか

記事を読む

本当にYouTubeの広告レートは激減したのか?

近頃、YouTubeに掲載される広告のレートが下がり、YouTuberの収益が激減しているという話を

記事を読む

オーディオテクニカのワイヤレスピンマイクが使いやすくて動画撮影に最適

去年、撮影用にオーディオテクニカのワイヤレスピンマイクを購入しましたので、何度か使ってみたりした上で

記事を読む

YouTuberの編集部屋・PC部屋が凄い!

YouTuberの方たちがよく自分の部屋を紹介したり、動画編集のためだけに作った編集部屋なんかを動画

記事を読む

YouTube上で活動をはじめた吉本芸人たちの勢いがすごい

YouTube上ではYouTuber(ユーチューバー)と呼ばれる人達が大きな活躍をみせていますが、そ

記事を読む

Comment

  1. 名無しのyoutuber より:

    それは動画内容によるでしょ
    バライティーの様な動画だったらいらないんじゃね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

飲食店で動画撮影するときの注意点と許可取りについて

最近は飲食店の中で食レポ風の動画を撮影してYouTubeに動画を投稿し

4K動画編集もサクサクできる自作PCを作ってみた

ずっと動画編集に使ってきた家のパソコンがあるのですが、最近はフリーズし

オシャレな動画編集ソフト「Filmora」をレビューしてみる

最近、YouTuberの間でも使う人が増えてきた「Filmora(フィ

YouTuberはオワコンか?飽きられ、競争に負け、捨てられていくYouTuberたち

最近、オワコンYouTuberという言葉がネット上で目立つようになり、

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Creator Channel Vol.6 (COSMIC MOOK)

    Star Creators!~YouTuberの本~ June 2017 (エンターブレインムック)

    はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)
PAGE TOP ↑