アクションカムの撮影方法とアタッチメント総まとめ

公開日: 撮影機材

アクションカムを買ってみたはいいものの、どうやって何を撮影したら悩むこともあるかと思います。そこで、今回はアクションカムに使えるアタッチメントを、実際に撮影された参考動画と共にまとめみましたの。ぜひ参考にしてみてください。


アクションカムのアタッチメント一覧

ヘルメットにつける

アクションカムの使い方として定番なのがヘルメットにつける方法です。ヘルメットに装着することでクロバイクやバイクなどのアクティビティで撮影が可能になります。

装着には両面テープを使う方法が主流ですが、ベルトで確実に装着する方法もあります。いずれにして、メーカーの純正アタッチメントを使って装着することをオススメします。

参考動画


アタッチメント:SONY VBLT-UHM1

FDR-X3000やHDR-AS50などのSONY製アクションカムに対応した純正アクセサリー。

主にヘルメットやゴーグルの真横に取り付けて自分目線の映像の撮影が可能となります。

SONY BLT-UHM1


アタッチメント:GoPro用ヘルメットマウント


ヘルメットの真上やサイドにとりつけるGoPro用のヘッドマウントです。付属のスイベルマウントによりカメラをマウントしたまま角度を変更したり、回転させたり、自由な調整ができます。

GoPro用ヘルメットマウント





自撮り棒につける

自撮り棒(セルフィー)にアクションカメラをつけて撮影する方法は、フェスや登山などどんなシチュエーションでも気軽に使えるのが最大の特徴です。

また、アクションカム専用の自撮り棒でなくても、製品によっては三脚穴に挿すことでスマホの自撮り棒やカメラ用の一脚などを使うことも可能です。

参考動画


アタッチメント:Go Pro 3-Way

カメラグリップ、自撮り棒、三脚の3パターンでの使用ができる、GoPro関連アクセサリーの人気商品です。

Go Pro 3-Way (純正品)

純正品は8000円以上しますが、純正品と遜色ない品質で値段が4分の1の非純正品もありますので、安く済ませたいのは以下の製品がオススメです。

GoPro対応 3Way 自撮り棒

アタッチメント:Luxebell®自撮り棒

GoProでのソニーのアクションカムでも使える自撮り棒です。

長さは最大103cmまで伸び、重さは96.5gで軽量、かつ防水性能付きです。

Luxebell®自撮り棒


アタッチメント:Velbon 一脚 EXUP-53

アクションカメラ用の自撮り棒だけでなく、普通のカメラ用の一脚もオススメです。

カメラ用一脚は長さが1.5~2.0mまで伸びるものが多く、自撮り棒よりも長いのが特徴です。最大まで伸ばして手で掲げればちょっとした空撮っぽい映像も撮ることができます。

また、一脚を選ぶときはカメラの角度を変えられるように自由雲台付きのものを選びましょう。

Velbon 一脚 EXUP-53






車にとりつける

車のフロントガラスやダッシュボードの上に取り付けて、車からの風景を撮影したり、運転する自分の姿を撮影する方法です。

粘着力のあるテープで固定する方法もありますが、愛車を傷付けないように吸盤タイプのアタッチメントのほうがオススメです。

また、車載動画は車の振動に注意する必要がありまうす。手振れ補正機能のないGoProではなく、ソニーのアクションカムを選ぶのがポイントです。

参考動画


アタッチメント:AN-CS02G

吸盤タイプのカメラ用アタッチメントです。素材にゲルが使われていますので、細かな凹凸のあるダッシュボードでも取り付けることが可能です。

一般的な三脚ネジがついていますのでGoProでもソニーのアクションカムでも使えます。

車載マウント AN-CS02G





自転車やバイクにつける

自転車やバイクにアクションカムを直接取り付けて撮影を行う方法です。

この場合、振動などでアクションカムが外れないようにネジ等でしっかりと固定できるようなアタッチメントが必要になります。

参考動画


アタッチメント:MyArmor 車載 カメラホルダー

バイクや、自転車、オートバイのハンドル・バックミラーなどにアクションカムを取り付けられるようにするアタッチメントです。

三脚ネジが付いているので他のカメラにも使用でき、自由雲台なので様々な角度に調節することも可能です。

Sinvitron カメラホルダー





ペットにつける

アクションカメラの使い方として昔から人気なのが犬などのペットに取り付ける方法です。

ペットの目線から観た飼い主の姿や、動物ならではの思いもよらない動きから見える景色を映像に残すことができます。

YouTubeにはGoProを鳥や魚につけた映像も投稿されており、使い方は様々です。

参考動画


アタッチメント:犬用 フェッチ/ハーネスマウント

犬に取り付けるのであれば、アクションカム用のアタッチメントとして専用のものが売られています。

ベルトで犬の背中やお腹などにカメラを固定できるようになっており、体重7-54kgの犬に合うようように調整が可能です。

犬用 フェッチ/ハーネスマウント





バックパックにつける

常にバックパックを背負って行動しているような、ハイキングや登山の時に最適なのがバックパックに取り付ける方法です。

カメラの位置は基本的に胸のあたりになるのですが、実際に山歩きしているかのような映像を撮影することができます。

参考動画


アタッチメント:SONY VCT-BPM1

ws000077
バックパックマウント「VCT-BPM1」はソニー純正のアタッチメントなのでソニーのアクションカムはもちろんのこと、三脚ネジを使って他のカメラやGoProを取り付けることもできます。

SONY バックパックマウント VCT-BPM1





ジンバル(スタビライザー)を使う

ジンバル(スタビライザー)は映像のブレを抑えるもので、上手く使えばカメラがぬるぬると空中に浮いているかのようにブレの無い映像を撮影することができます。

GoProは基本的に手振れ補正機能がなく、手振れのひどい映像になりがちですので、ジンバルを使って撮影するとその効果は絶大です。

参考動画


Feiyu-Tech G4 GoPrp用

動制御機器メーカーとして有名なFeiyu Techの製品で、電動3軸スタビライザーとも言われています。

常にカメラのブレを解析し、リアルタイムで全軸補正が行われるのでカメラは常に水平でブレの無い映像を撮影することが可能になっています。

対応しているアクションカムはGoPro Hero3/3+/4になります。また、バッテリーの持ちは2時間ほどです。

Feiyu-Tech G4 GoPrp用

Feiyu-Tech FY-G4 ソニーアクションカム用

ソニー製アクションカム用のFeiyu-Tech G4で、FDR-X1000V & HDR AS20 AS100 AS200 AZ1 ASに対応しています。

基本的な機能はGoPro用のものと変わりません。

Feiyu-Tech FY-G4 ソニーアクションカム用





ドローンにとりつける


小型・軽量なアクションカムの特徴を活かし、ドローンに取り付ける方法もあります。

ただし、ドローンには最初からカメラが付属している製品が多く、アクションカムを取り付けられる製品というのは意外と多くありません。

参考動画


DJI Phantom 2(H3-3D)

GoProを取り付けられるドローンとしてメジャーなのがDJI Phantom 2という製品です。

また、「Zenmuse H3-2D」というジンバルを合わせて買うことによに、ブレを抑えて滑らかな空撮映像を撮影することが可能です。

DJI Phantom 2(H3-3D)
Phantom 2(H3-3D)専用カメラジンバル






ギターやマイクにとりつける

バンドマンや楽器が趣味な人にオススメなのが、マイクスタンドや楽器にアクションカムを取り付ける方法です。

参考動画


アタッチメント:GoPro ザ ジャム

GoProの純正アクセサリーとして、ザ ジャムという製品があります。

これは先端にクリップが付いており、ギターヘッドやドラムフープ、キーボード、管楽器、譜面台などに取り付ける事で、臨場感のあるライブ映像等を撮影するこが可能です。

GoPro ザ ジャム





ハウジングケースにいれる

アクションカメラの醍醐味といえば水中でも撮影ができることです。市販のハウジングケースを使うことで、水深の深いところでも綺麗な水中映像を撮影することが可能になります。

参考動画


ダイブハウジング for HERO5


GoPro HERO5に使えるゴープロ社純正のハウジングケースです。

水深60m(196ft)までの防水性能を持ち、陸上で使ってもホコリや、砂利、泥や小石などからカメラを守ることができます。

ダイブハウジング for HERO5

SONY アンダーウォーターハウジング MPK-UWH1


ソニーのアクションカム「HDR-AS50R」、「HDR-AS50」に対応したハウジングケースで、水深60mまでの水中撮影に対応しています。

アンダーウォーターハウジング MPK-UWH1



あわせて読みたい





はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

動画撮影に使えるワイヤレスマイクの選び方

今回はYouTuberの間でも使う人が増えてきたワイヤレスピンマイクの選び方とオススメの製品について

記事を読む

YouTuberになってから買ってよかったもの6選

YouTubeに動画の投稿をはじめて早3年ぐらいになるのですが、自分がYouTuberになってから買

記事を読む

4K動画編集もサクサクできる自作PCを作ってみた

ずっと動画編集に使ってきた家のパソコンがあるのですが、最近はフリーズして固まったり、全体的に動画が遅

記事を読む

あのメイク動画はどう撮っているのか?撮影方法を調べてみた

ここ数年の間にYouTube上ではメイク動画の人気が爆発的に広がっており、メイク動画をYouTube

記事を読む

YouTuberにオススメなビデオカメラはコレだ!

自分はYouTuberさん達がよくやっているカメラのレビュー動画をよく見て参考にしたりすのですが、そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照

YouTuberなら知っておくべき動画編集のコツとテクニック集

YouTuberに絶対的に必要なのが動画の編集スキル。 動画編集

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

飲食店で動画撮影するときの注意点と許可取りについて

最近は飲食店の中で食レポ風の動画を撮影してYouTubeに動画を投稿し

4K動画編集もサクサクできる自作PCを作ってみた

ずっと動画編集に使ってきた家のパソコンがあるのですが、最近はフリーズし

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Creator Channel Vol.6 (COSMIC MOOK)

    Star Creators!~YouTuberの本~ June 2017 (エンターブレインムック)

    はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)
PAGE TOP ↑