YouTubeイベントの裏事情!直接YouTuberにインタビューしてみた!

公開日: YouTuber情報, MCN(マルチチャンネルネットワーク)

最近はYouTubreが芸能人のように扱われる機会が増えてきており、YouTuberをメインにしたイベントや企画が目立つようになりました。今回はYouTubeのイベントにはどんなものがあるのか?さらにはそのイベントの裏側にまで探っていこうと思います。



YouTuberのイベント例

まず、YouTuberが関係するようなイベントには一体どのようなものがあるのでしょうか?以下、イベントの種類をまとめてみました。

YouTubeの公式イベント

ws000046
YouTubeを運営するGoogle社が公式に企画するもので、「YouTube FanFest」や「YouTube ハッピーアワー」などがあります。

「YouTube FanFest」では国内の人気YouTuberだけでなく、海外のVIP級YouTuberも招待されるなど、YouTubeのイベントとしては最大級もものになります。



会社や事務所が企画するイベント

ws000045360
YouTuberを多く抱える事務所であるUUUM(ウーム)が主催するU-FESだったり、歌が歌えるYouTuberであればライブハウスを貸し切って音楽コンサートを開く場合もあります。

いずれにしても、最近の人気YouTuberはその多くが事務所などに所属しており、その芸能活動の一環として行われている場合がほとんどです。



オフ会

YouTuberが個人的にイベントを開催するケースも多くあります。その大半はオフ会と言われ、どこかの施設や公園などに集まり、ファンと視聴者が直接する交流する場になっています。


なぜイベントが開かれるのか?

普段からYouTuberの動画を観ている視聴者にとってこのようなイベントは、YouTuberに直接会える貴重な機会になっています。そして、YouTuber側にとっては収益を獲得する絶好のチャンスでもあります。イベントによってはチケットが売り出され、グッズ販売も行われ、その売り上げがYouTuberに入る仕組みになっています。

イベントで多くの観客を集め、収益を上げられるのはほんの一握りのYouTuberだけではありますが、人気YouTuberたちは動画からの広告収入だけでなく、このようなイベントでもお金を稼いでいるというのが実情です。


YouTuberにイベントの裏側を直接聞いてみた

今回、多くの人気YouTuberが出演する「YouTuber野球大会」というイベントを主催するYouTubeチャンネル「2200年TV」のつっちーさんに直接オファーをさせて頂き、つっちーさんの快諾によりこのインタビューが実現しました。この場を借りて再度お礼申し上げます。


dsc00582

Q.最近のYouTube系イベントにはどんなものがあるんですか?

代々木公園とかでよくオフ会やっている方は多いですね、あと音楽やっている人はライブをやったり、劇団スカッシュさんなんかは自分の舞台をやっていたりしますね。

実は先日もマホトくんのイベントに行ってきたばかりで、渋谷のO-Eastというライブ会場で1000人ぐらい入っていて、かなり盛り上がっていましたよ。


Q.やっぱりそういうイベントが増えてきているんですか?

事務所とかに所属している人はよくやってますけどね。ただ、個人で大きいイベントやっている人は少ないんじゃないでしょうか?基本的には事務所の人が動いてやっている事が多いと思います。


Q.最近のYouTuberはみんな事務所に所属しているんですか?

昔はMCN(マルチチャンネルネットーワーク)に入っているYouTuberが多い感じでしたけど、最近は事務所に所属している人が増えてきてると思います。


Q.MCNと事務所の違いはなんですか?

MCNに所属していると色んなサポートを受けられる代わりに収益の一部を持っていかれる訳ですが、事務所に所属している人はそういうのがないと思います。いわゆる、タレントや芸能人のような扱いになっているかと思いますね。


Q.つっちーさんは事務所に所属しているんですか?

いえ、僕はMCNに所属しています。いま準備を進めている「第二回YouTuber野球大会」はMCNの担当の方が色々と手伝ってくれています。

「第一回YouTuber野球大会」のときは最初、全部自分でやろうと思ってたんですけど、やっぱり個人でイベントを開催するのって会場も抑えなきゃいけないし、お金もかかるのでとても大変なんですよね。イベントにかかるお金はを全部自腹で出していたので、結局は大赤字でした(笑)

それで、今回の「第二回YouTuber野球大会」についてはMCNの方が色々と協力してくれて、入場チケットの販売や、グッズ販売も手伝ってくれるので、大赤字になることは避けられそうです。



Q.YouTuber野球大会は毎回多くのYouTuberが出演していますが、どうやって人を集めているんですか?

出演者集めは基本的に自分でやっていますね。YouTubeハッピーアワーなど、他のイベントで知り合ったYouTuberに声をかけたり、「逆に出演させてください」って言ってくるYouTuberさんも結構いるので人脈には恵まれてると思いますね。2200年TVに出演したいと思ってくれる人がいるということはほんと嬉しい事です。


Q.逆に苦労した点などはありますか?

他YouTuberとのスケジュール調整が大変でしたね。あと、自分は専属のYouTuberではなく、普段は普通の社会人として仕事しているので、仕事の合間や休日にそのような調整をしなければいけないのには苦労しました。


Q.大変な思いをしてまでイベントを開催しようと思ったのはなぜですか?

一番は視聴者さんたちに喜んでもらうためですね。ただ、その一方で自分の実績作りというか、こういう大きなイベントの企画・運営をやれる自信があったので形にしただけですね。

dsc00652

Q.今後のYouTuber界はどうなっていくと思いますか?

難しいですね・・。視聴者は中高生の方が多く、ものすごく変化のスピードも速いので。

ただ、テレビに変わる新しいメディアの形して根付いてきていると思いますし、ごく普通の人でもアーティストになれたり、イベントの開催もできたり、何かを自ら発信していきたいと考えている人には表現の場としてピッタリな環境だと思います。


【つっちー】

チャンネル登録者数47000人のYouTubeチャンネル「2200年TV」の中心人物。多くのYouTuberと交流が深く、最近ではYouTuberが多く出演するような大きなイベントの企画・運営にも力を入れている。
2200年TV – https://www.youtube.com/user/2200TV


第二回YouTuber野球大会の情報はこちら




はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

YouTuberの定義とは?

ここ数年YouTuberという言葉が一般にも認知されてきましたが、そもそもYouTuberとはなんな

記事を読む

本当にYouTubeの広告レートは激減したのか?

近頃、YouTubeに掲載される広告のレートが下がり、YouTuberの収益が激減しているという話を

記事を読む

UUUMネットワークに所属する意味とは?

今回はYouTuber界隈で色々と話題になっているUUUMネットワークに関する記事です。すでに多くの

記事を読む

YouTuberの公式ラインスタンプ一覧

去年あたりからYouTuber(ユーチューバー)がラインスタンプをよく販売するようになり、最近ではそ

記事を読む

YouTuberの定番!一眼レフを使った動画撮影とは?

一眼レフで動画撮影するメリット 高画質な映像が撮れる 一般的なビデオカメラに比べて一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照

YouTuberなら知っておくべき動画編集のコツとテクニック集

YouTuberに絶対的に必要なのが動画の編集スキル。 動画編集

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

飲食店で動画撮影するときの注意点と許可取りについて

最近は飲食店の中で食レポ風の動画を撮影してYouTubeに動画を投稿し

4K動画編集もサクサクできる自作PCを作ってみた

ずっと動画編集に使ってきた家のパソコンがあるのですが、最近はフリーズし

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Creator Channel Vol.6 (COSMIC MOOK)

    Star Creators!~YouTuberの本~ June 2017 (エンターブレインムック)

    はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)
PAGE TOP ↑