4Kの撮影や動画編集をする時に必要なものとは?

YouTubeテクニック, 撮影機材

最近は気軽に4K撮影できるようなカメラも増え、4K動画の撮影や編集を行う人も増えてきました。ただ、4Kを扱うにはできるだけハイスペックなパソコンを用意したり、4Kに対応した動画編集ソフトを用意しなければならないなど、きちんと準備する必要があります。

というわけで、今回は4K動画を扱うときに必要な物をまとめてご紹介したいと思います。




4Kの撮影や動画編集をする時に必要なもの


動画編集ソフト

最近、発売されている動画編集ソフトは低価格帯のソフトでもほとんどが4K編集に対応しています。

以下、パッケージとして販売されている主な4K対応動画編集ソフトです。

※価格はこの記事の作成時である3月28日時点のものです。

こうして並べてみると「EDIUS Pro 8」がずば抜けて高額ですが、これはプロ向けの製品であり、時間をかけてこだわりのある映像作りを目指す方向けです。このような製品は編集ソフトの扱いに慣れた人でないと扱いにくい場合もありますので、動画編集初心者の方は1万円前後の製品を選んでおけば問題ないでしょう。

また、プロ映像業界や多くのYouTuberが利用している製品に「Adobe Premiere Pro CC」というものがあります。これはパッケージ版では売られておらず、月額量料金を支払うことで常に最新版を利用できるというものです。元々Adobe Premiere シリーズは10万円近くするような製品でしたので、初期費用をかなり抑えられますし、テレビ業界でも使われている信頼性の高い製品ですので、検討してみてはいかがでしょうか?


上記の12ヶ月プランは1年間契約となっていますが、月々契約の1か月プランもあります。これは月々の契約なので、3ヶ月だけ試しに使ってみて辞めるということも可能です。



4K編集用パソコン

4Kの動画編集はそこまでハイスペックなPCでなくても行うことはできます。ただし、できるとは言っても動作はもっさりで度々待たされたり、動画書き出し時のレンダリングに何時間もかかってしまったりと、大変ストレスを感じる編集作業になってしまうでしょう。

4Kの動画編集にも快適に行うのであれば、CPUはCorei7のHaswellシリーズ以上のものを選び、メモリは最低でも16GB以上積むことをオススメします。また、グラフィグボードは4K出力可能なDisplayport1.2またはHDMI2.0に対応したものを選びましょう。

また、最近は4K動画の編集を行うクリエイター向けのパソコンも売られていますので、パソコンに詳しくないという方は以下のような、BTOパソコンを購入するほうが楽です。

edit_item_vzf

【4K動画編集向けモデル:基本構成】


OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:インテル Core i7-6700K
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1070 8GB
メモリ:32GB DDR4 SDRAM
ハードディスク:525GB SSD + 3TB HDD
bgt raytrek-V ZF   レイトレック-V ZF

また、4k編集用パソコンの選び方については以下の記事でも詳しく紹介していますので参考にしてみてください。





4Kディスプレイ

撮影した4Kの映像をプレビューする為にも4K対応ディスプレイは必須です。最近は4Kディスプレイの値段も下がってきており、最安3万円台で購入できます。

4Kディスプレイの中には10万円以上するような高額なものもありますが、繊細な色彩表現を求められるようなプロの現場で使用するのでなければ、低価格帯の製品でも全く問題ありません。


また、通常のディスプレイよりは若干値段が上がりますが、4K対応をテレビを使用する方法もあります。大抵の4Kテレビはパソコンのディスプレイとしても使用できますので、テレビとパソコン用ディスプレイの一台二役の使い方をしたい方には4Kテレビもオススメです。




4K対応カメラ

最近は4K対応のビデオカメラも数が増えてきており、値段も落ち着いてきています。一口に言っても4K対応カメラにはビデオカメラ、一眼カメラ、コンデジなど様々なカメラがあり、自分の用途によってきちんと選ぶ必要があります。

4Kカメラの選び方については、以下の記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧下さい。







SDカード(UHSスピードクラス3)

4K動画はフルHDの4倍の表示面積を持つため記録されるデータ量も4倍となります。その分、高速書き込みのできるSDカードを選ばないと、データの書き込みが追いつかず、撮影が強制停止される場合もあります。

また、データ容量の少ないSDカードで4K動画を撮影していると、すぐに容量がいっぱいになってしまいますので、最低でも64GB、予算があれば128GBのサイズをオススメします。

ただし、SDカードに要求されるスペックはカメラの機種ごとに異なるので、取り扱い説明書を確認してください。

たとえば、ソニーの4K対応ビデオカメラ「FDR-AX55」の場合は、取り扱い説明書に以下のように書かれています。

【FDR-AX55 取り扱い説明書より】

・容量4GB以上
・SDスピードクラス10: またはUHSスピードクラス1以上
(100Mbps以上で記録する場合は、UHSスピードクラス3が必要です)

※SDXCカードでXAVC-S形式で録画する場合。


上記で書かれている通り、4Kの最高画質で撮影する場合は高速読み書きができるUHSスピードクラス3(UHS-I U3)のメモリーカードが必要ということになります。そして、UHSスピードクラス3のSDカードであればほとんどの4Kカメラで使用できますので、UHSスピードクラス3のメモリーカードを選びましょう。

以下、オススメのUHSスピードクラス3(UHS-I U3)対応SDカード。価格が安く、無期限保証も付いているトランセンド製のSDカードです。




ハードディスク

4Kの動画ファイルはフルHDの4倍近いデータサイズがあるため、大容量のハードディスクが必要になります。

以下の表は4K動画を撮影した際の録画時間とデータ容量を表したものですが、30p/100Mの最高画質で撮影を行った場合、1時間分の動画で約64GBのサイズになります。これは単純計算で、1TBのHDDには15時間分のデータしか保存できないということになります。

記録設定 録画時間 データ容量の目安
XAVC S 4K / 30p 100M 1時間 約64GB
XAVC S 4K / 30p 60M 1時間 約32GB

最初から大容量のパソコンを使用している方は問題ないかと思いますが、HDD容量の少ないパソコンを使用しているかたや、今後たくさんの4K動画を保存する予定がある方は、外付けのハードディスクなどを用意したほうがよいでしょうい。最近は3TBの外付けハードディスクでも1万円ほどで買えます。



高速インターネット回線

4Kの動画編集には直接関係ありませんが、YouTubeにアップロードした自分の4K動画を確認する際には高速インターネット回線が必須になります。以下の表は、各画質においてどのくらいのインターネット速度が必要なのかを示したものです。

画質 必要な速度
中画質(480p) 1Mbps以上
HD画質(1080p) 5Mbps以上
4K画質(2160p) 20Mbps以上

次に、自分が使っているインターネット回線がどのくらいのスピードなのかを確認してみましょう。インターネットの速度は以下のWebサービスで簡単に調べることが可能です。

インターネット回線のスピードテスト

結果はいかがでしたでしょうか?4K動画を視聴しようとした場合、インターネット速度はが20Mbps以下の場合は途中で止まってしまう可能性があります。これからYouTubeで4K動画を楽しみたいと考えている方はインターネット契約を見直すことをオススメします。

フレッツ光お申し込みページ

ソフトバンク光お申し込みページ



はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

YouTubeでチャンネル登録者10000人になるまでの経緯とその方法

チャンネル登録者10000人までの経緯 私のYouTubeチャンネルが今年になってチャンネル

記事を読む

動画撮影には必須!YouTuberにオススメな三脚はこれだ!

今回は映像制作を行うYouTuberにとっては必須アイテムである三脚の選び方についてご紹介します。

記事を読む

親近感を意識することがYouTubeチャンネルを続けてるうえで最も大切

意識している人は少ないかもしれないですが、YouTuberとして活動していくのであれば「親近感」は最

記事を読む

YouTuberになってから買ってよかったもの6選

YouTubeに動画の投稿をはじめて早3年ぐらいになるのですが、自分がYouTuberになってから買

記事を読む

YouTuberにオススメの動画編集ソフトを紹介する

YouTuberになるときにまず悩むのが動画編集ソフト選び。というわけで今回は、YouTuberには

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTubeの終了画面に使えるフリー素材を公開しました

YouTubeの終了画面(エンドカード)とは YouTubeの終了画

YouTubeライブの特徴とその使い方について解説する

最近は人気YouTuberが通常の動画投稿とは別に、YouTubeライ

動画撮影に使える照明機材の選び方とオススメ

最近はYouTuberが投稿する動画の品質もだいぶ上がってきており、照

YouTuberなら知っておくべき動画編集のコツとテクニック集

YouTuberに絶対的に必要なのが動画の編集スキル。 動画編集

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Star Creators!~YouTuberの本~ October 2017 (エンターブレインムック)

    Star Creators!~YouTuberの本~ SWEET (エンターブレインムック)

    なりきり!YouTuber実験 小学生: 自由研究まとめつき
PAGE TOP ↑