底辺YouTuberはなぜチャンネル登録者が増えないのか?

公開日: YouTubeテクニック

YouTubeのチャンネル登録者が100人以下でチャンネル登録者がなかなか増えないチャンネルは「底辺YouTuber」とも呼ばれていますが、なぜ登録者が増えないのでしょうか?

今回は底辺YouTuberと呼ばれる人たちの動画の特徴とその改善点についてまとめてみました。これらの事はトップYouTuberであれば皆当たり前にできている事ばかりです。底辺じゃなくとも、登録者がなかなか増えないとお悩みのかたもぜひ参考にしてみてください。



nainige

他の人と同じことをしている

ここ最近はGoogleがお金をかけてYouTuberを宣伝していることもあり、YouTuberの数は急激に増えてきています。以前から活動を続けていたYouTuberでも競争に負けて再生数を稼げなくなっている今、チャンネル登録者を増やすことはさらに難しくなっています。ここまで競争が激しい状況の中で、他の人と同じようなことをしていてはチャンネル登録者は増えません。

では、どうすれば他の人と同じにならないのでしょうか?

他にどんなチャンネルがあるのかを知る

まず大切なのが他にどんなチャンネルがあるのかを知る事です。どんなジャンル、どんな題材、どんな演出があるのかを知ることで、自分が他の人と同じにならないように心がけましょう。


とにかく目立つ

チャンネル登録ボタンを押してもらうには、他とは違うオリジナリティを出すなどして、積極的に目立つ必要があります。奇抜なファッション、特徴ある話し方、高い編集技術、マニアックな題材など、目立つには様々な方法があります。どうやったら目立てるのかをきちんと考えてみてください。

ヒカキンさんの真似をしてコンビニのジュースを普通に商品紹介しているようなチャンネルでは、まず目立つことなどできないでしょう。


自分の特技や才能を利用する

YouTube上で目立つには自分の特技や才能を利用するのが良いでしょう。ヒカキンさんも初めのうちは、ヒューマンビートボックの特技を上手く利用してチャンネル登録者を伸ばしました。

料理、絵、スポーツなどその人の特技をうまく利用すると、それだけで他のチャンネルと差別化が図れる場合があります。




nainige_コピー

視聴者目線が欠けている

底辺YouTuberの動画というのは大抵”視聴者目線”というものが抜けています。動画を作るときには、誰に見てもらうのか?何を伝えたいのか?どんな反応をしてほしいのか?を明確に考えておく必要があります。それができていな動画はとても多く、そのうような独りよがりな動画は誰も見てくれません。

まずは以下のことを意識してみましょう。

伝えたい事を明確にする

あなたが動画で表現したいこと、伝えたいことは事前に決めてから撮影や編集を行いましょう。底辺YouTuberの動画というのは、だらだら話してたりしていて、結局何を伝えたいのか分からないまま終わってしまうパターンが多く見られます。

シンプルな構成にする

よくあるのが、いくつものを要素を動画内に詰め込みすぎているパターンです。YouTubeの動画というのは出来る限り短いもののほうが良いとされています。短くかつシンプルな構成にして、視聴者がどんな動画なのかすぐ分かるような構成にしましょう。

見やすい映像を作る

多くのトップYouTuberは話の間の沈黙部分をカットしたり、紹介する商品をアップで写したり、文字テロップを入れるなどして動画に多くの工夫を凝らしています。すべては視聴者に動画を見やすくするためであり、視聴者をつなぎとめて視聴者維持率を上げる効果もあります。

視聴者維持率が高い動画というのは検索結果で上位に表示される可能性が高くなり、必然と再生回数も伸びていきます。




nainige_コピー1

ブランディングができていない

底辺YouTuberでよく見られるのが自分のチャンネルをきちんとブランディングできていないケースです。チャンネル登録者が欲しいのでれば、そのチャンネルがきちんと運営されていることを示し、登録するだけの価値があることを示す必要があります。

チャンネルのブランディングを行うには以下のようにします。

チャンネルアイコン、チャンネルアートを設定する

案外、チャンネルアイコンやチャンネルアートをきちんと設定していないチャンネルは多いものです。チャンネルの第一印象を決める大事な看板のようなものですので、必ず設定しましょう。

決まりのフレーズや決まりの映像を使う

Googleが公式に推薦している事でもありますが、動画内で決まりのフレーズを使ったり、決まりのオープンニング映像、決まりのエンディング映像を使うことはチャンネルを視聴者に覚えてもらう意味でも大変重要なことです。

ジャンルを明確にする

なんの一貫性もなく適当に動画をアップするのではなく、何かひとつ明確なジャンルや特色がわかるようすることも大切です。ジャンルを絞り、料理なら料理、ゴルフならゴルフでそのジャンルがすぐ分かるようなチャンネル作りを心がけましょう。

SNSを上手く利用する

多くのトップYouTuberはTwitter上にもアカウントを持ち、そこで視聴者と交流をもったり、他のYouTuberとの関わりを持っています。Twitterは当然ながら自分の動画を宣伝する場にもなりますが、様々な人と関われる場でもあります。自分のチャンネルに興味があるひとを交流を持ちながら宣伝を行うことで確実にチャンネル登録者は増えていきます。




はてなブックマーク Google+でシェア

関連記事

動画編集に使えるテロップの作り方まとめ【フリー素材配布中!】

動画編集には欠かせないテロップの挿入。今回はテロップの作成方法と、作るときのコツについてまとめてみた

記事を読む

あのメイク動画はどう撮っているのか?撮影方法を調べてみた

ここ数年の間にYouTube上ではメイク動画の人気が爆発的に広がっており、メイク動画をYouTube

記事を読む

オシャレな動画編集ソフト「Filmora」をレビューしてみる

最近、YouTuberの間でも使う人が増えてきた「Filmora(フィモーラ)」という動画編集ソフト

記事を読む

なぜアカウント停止に?YouTubeに投稿してはいけない動画とは

YouTubeでは不適切な動画を投稿し、警告を受けたり、アカウントを停止される方が相次いでいます。で

記事を読む

誰でもできる!GoProの面白い使い方とアイデアを総まとめ!

YouTubeにはGoProで撮影された素晴らしい動画が人気を得ており、自分でもそんな撮影をしたいと

記事を読む

Comment

  1. とある有名YouTuber より:

    いやいや単純にコラボしないと伸びないだけ

  2. […] こちらの底辺の定義には一応当てはまらなかったりはするのですが、まあ、昔の話です。 […]

  3. クルトgamez より:

    登録者数が中々増えないので困ってます

今更youtube始めるの? にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTuberは動画を毎日投稿する必要があるのか?

ヒカキン、木下ゆうか、PDS株式会社、ヒカルなど人気YouTuberの

ロケで動画撮影する時の注意点と撮影許可を得る方法

最近はYouTuberとして活動を始める人が結果、公園や街中で動画撮影

飲食店で動画撮影するときの注意点と許可取りについて

最近は飲食店の中で食レポ風の動画を撮影してYouTubeに動画を投稿し

4K動画編集もサクサクできる自作PCを作ってみた

ずっと動画編集に使ってきた家のパソコンがあるのですが、最近はフリーズし

オシャレな動画編集ソフト「Filmora」をレビューしてみる

最近、YouTuberの間でも使う人が増えてきた「Filmora(フィ

YouTuberはオワコンか?飽きられ、競争に負け、捨てられていくYouTuberたち

最近、オワコンYouTuberという言葉がネット上で目立つようになり、

  • 人物:YouTuber
    登録者数5万人ぐらいのYouTubeチャンネルを適当に運営している。
    ここは文字で伝えたいことを書くところ。
    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。
    お問い合わせページ
  • follow us in feedly
  • Creator Channel Vol.6 (COSMIC MOOK)

    Star Creators!~YouTuberの本~ June 2017 (エンターブレインムック)

    はじめしゃちょーのユーチューバーな日常(1) (KCデラックス)
PAGE TOP ↑